城跡探訪・久宝寺城

 久宝寺の地には、親鸞上人の高弟信願房法心の創建した慈願寺が一向宗道場としてあったが、文明二年(1470)、蓮如上人がこの地に布教し、多くの帰依者を得た。その後、明応年間(1492〜1501)に一寺(西証寺)が建てられ、実順が住持となった。その孫実真は早世したため、近江大津顕証寺の住持を招き、寺号も改められ、近松山顕証寺と号した。これが久宝寺御坊で、寺内町の中核となった。
 寺内町の周囲には二重の水堀と土塁がめぐらされ、周囲には6ヶ所の出入口が設けられ、周濠は大和川より水を引き入れていた。
久宝寺寺内町略図(享保8年絵図)
 
現在の地図
上の地図を見比べて分かるように、寺内町内の街路はすべて今も大きな変更を受けずに残っており、往時の町割プランを今日に伝えている。しかし、環濠・土居および久宝寺城の堀・土居などはほとんど残存せず、わずかに顕証寺の南側に、江戸時代の享保十四年(1729)に外郭へ広げられた水堀と土塁の一部が残存するのみである。
顕証寺
顕証寺南側の土塁
南口付近の水堀
また、寺内町の一角に「城土居」(シロンド)と呼ばれる区域(略図の左上)があるが、ここに河内守護畠山氏が築城し、のちにその麾下渋川満貞が再築(久宝寺城)し、これに拠って渋川郡一帯を支配した。渋川氏は、のち安井氏を名乗り、応仁年間(1467〜69)からこの地に定着し、当地の土豪として権勢を振るっていた。寺内町建設にあたっては、この安井氏の協力を得たものと思われる。 (寺内町略図及び解説文は「日本城郭大系第12巻より抜粋)
ここからは城跡碑探しです。顕聖寺の西側道路を北上し、突当たりの入り組んだ細い道路を行くと水路が見えてきました。北端が西側に折れ曲がっていることから、この道が「城土居」への道かと思われます。
年明けだというのに水路脇には紅葉が残り ユキヤナギ(と思う)の黄葉も見られます
黄葉に挟まれ解説板が建つ
解説板には

渋川満貞の嫡子の光重は播州安井郷を受領、安井と改姓し、貞重の時に織田信長に仕えたが、天正五年、本願寺兵に攻められ、城は陥落した。城址は寺内町西北の出隅に「城土居」の地名を残している。

と記されています.

そして、水路が西に折れた所に城址碑があります。
城跡碑は一寸分かりにくい所にありますが、北側を走る信号がある道路の南側に建つ「熊野合成株式会社」の建物の裏側にありまので、この建物の西側通路を南進し、突当たりを東に曲がると水路脇の城址碑が見えています。
久宝寺城跡
所在地 大阪府八尾市久宝寺町3丁目
交通 近鉄大阪線・久宝寺口駅下車
              徒歩約12分
メニューに戻る