城跡探訪・小谷城(和泉国)

小谷城・遠望(阪和第一泉北病院・右側の小高い所)
登り口が分からないまま、近付いてみた ここで「小谷殿 古城乃址」と記した石碑発見
しかし上りの石段があるが、ロープが張られていて通行禁止のようである。ここを上れば山頂はすぐそこなのに・・・・と思いながら見上げてみると、石段上の空間は蜘蛛の巣がいっぱいで、通行不能の状態である。

どうやら病院の敷地内から上れるような感じなので、阪和第一泉北病院の入口までやってきました。院内の山側への道をたどると山上への階段が見つかり、そこを上ると・・・・
見晴し台が設けられた場所に到着します、ここからの眺めは素晴しい。
振り返ると山頂はこんな感じで、もう一段高くなったところに何か見てとれます。
解説板によりますと
 
 小谷城は十三世紀の中頃(鎌倉時代)に、標高80メートルの泉北丘陵高台の自然の地形を利用し築城され、栂山城(現在の原山台)・豊田城(現在の泉北高校)と共に鼎城といわれ、平氏一族の小谷氏の居城でした。
 南北朝時代には前方千早城からのろし火を受けて、南朝の浜寺大雄寺に通信を送る中継所として重要な役割を果たしましたが、戦国時代に入り一帯が根来党であったため、織田信長の根来攻めにより天正三年(1575年)に落城致しました。
 平成十二年(2000年)錦秀会がこの地を取得し、地域医療・高齢者介護の為に阪和第一泉北病院を開設した後もその歴史的価値を尊重し、小谷城址を残すことに致しました。
 そして当院に入院され、医療のの手当の甲斐なく病没された方々や水子の霊や、この地域の古墳や無縁の霊等のご冥福を祈り、併せて入院患者の方や地域住民の方々の、ご守護を頂きますように願って、お堂を建立いたしました。

    医療法人 錦秀会 阪和第一泉北病院
お堂
石段を上っていくと・・・・城址碑がありました
小谷城址(和泉国)
所在地 大阪府堺市南区豊田
交通 泉北高速鉄道・泉ヶ丘駅下車
徒歩約20分 バスで約5分
見学 城址は錦秀会の敷地だそうですので
警備員さんに断わってから入山の事
メニューに戻る