城跡探訪・大和小泉城

 小泉城は、JR大和小泉駅の西北約600m以西の台地上にある。小泉氏は康正元年(1455)に奈良・興福寺の衆徒につき、十五世紀末まで越智方に属し、筒井氏と対立した。
 長禄三年(1459)に「小泉館」を筒井順永に攻められて一族の多くが切腹して果て、城は破却された。文明七年(1475)にも落城し、その用材が筒井城の柱に使用された。筒井が越智を圧倒する十六世紀初頭以後は筒井氏に属したようで、天文年間に小泉秀元は筒井順昭の姪を娶って、筒井氏の翼下として重きをなした。
 慶長六年(1601)に片桐且元の弟貞隆が小泉周辺を含めて諸国の大名に列し元和九年(1623)に小泉に入部して陣屋を構えた。陣屋の地は台地の先端部、急崖の東は湿田で、その東を富雄川が流れる要害の地である。地形から推して、その内郭が中世の小泉城の跡地と考えられる。(下図参照))
 内郭は、西側に屈曲があるが、長辺約150mの長方形の堀で囲まれていた。東の崖下と西南の開折谷に堀池が残る。延宝元年(1673)に完成したといわれる外堀は、さらに外郭の家中屋敷を含む堀で、陣屋と呼ばれるが、城郭としての構えを充分に備えた大規模なものである。現在、南面崖上の平場に城跡碑が建てられ、小公園になっている。他に、小泉神社に城門が移築されている。
地図および解説文は「日本城郭大系 第10巻」より転載(抜粋)
  
まずは城門が移築されているという、小泉神社を訪れてみました。

由緒書には「今を去る事約500年以上前に、この地方一円の守護神として、現在の地に建てられた。その後、天文年間に当地の豪族小泉四郎左ェ門が社殿を改築以来450年間、古式そのままに秋の例祭が取り行われている。
 摂津の国、茨木より片桐且元の弟・貞隆公が藩主となるに及び、歴代藩主の崇敬厚く、毎年例祭には片桐家より献茶の儀が行われていた由緒深き古社なり。」と記されています。(抜粋)
城門 旧小泉城?城門の表札
   
城跡の内郭に行くには一旦、奈良県道123号線に出なくてはならないため東進、北に向かう小道を行くと左側に鬱蒼とした木々が茂る所がありました。
 
上の地図で云うと「内郭」の南側の外堀跡です。

石垣は用いていないため、土塁に生えた木々が大きくなったものと思われる。



舗装道路の手前は、新しい住宅が建ち並ぶ。
外堀跡
 
 たっぷり水が溜まる所もある
 
123号線から南西に向かう分岐道路の方隅に片桐城址(小泉城の別称)の石碑が・・・・
  
石段を上ると小公園に着く
奥に小泉城跡碑が建つ
城跡碑の裏側には畑と削平地が広がっている
   
高林庵

 高林庵は石州流茶道流祖片桐石見守貞昌「片桐石州」の旧片桐城跡です。 現在は財団法人高林庵、石州流茶道宗家の本部であり、片桐家の居であります。
 片桐石州は小泉藩二代藩主で徳川四代将軍家綱の茶道指南でした。
 片桐家は豊臣秀頼の家老としてまた賤ヶ岳七本槍の一人として加藤清正らと共に武勇を馳せた「片桐且元」を祖とし(1615年死去)、且元の弟貞隆(片桐石州の父)が遺領を受け、貞隆死後、嫡子片桐石州が家督を継ぎ、1629年寛永四年、二十二才で二代藩主となったのであります。1673年延宝元年、六十九歳で死去後、代々十三代までもがこの地の大名でありましたが、武家社会が終り明治の御代を迎えてからも十四代(子爵、十五代(子爵)十六代と連綿と守り伝えられています。 高林庵 案内板より
いったん県道123号線に出て北西に進むと、超長い塀で囲われ、案内板に高林庵と記された敷地前にでました。
ナギナタ池方向に進むと隅櫓状の建物が建つ ナギナタ池
高林庵内に建つ櫓状の建物 城壁の向こうには鉄筋コンクリート造の建物が・・・・

お庭池

ついでに「お庭池」を見てみようと思いましたが、池の北側に住宅が建ち並んでいて、池を見渡せる所が見つかりません。東南部の終端部にきて、やっと雑草の間から池を見ることができましたが、池水は底の方に少し残っているだけというような状態でした。
大和小泉城
所在地 奈良県大和郡山市小泉町
交通 JR大和小泉駅から徒歩約10分
散策 自由
訪問日 2016年12月8日
メニューに戻る