城跡探訪・摂津小浜城

阪急電鉄・清荒神駅から歩くこと約15分、突然目の前に赤い欄干の橋が現れる。
 
橋の下は深い谷となっていて水流がある。
 
石垣 土塁
 
北門跡
 
 小浜(こはま)城跡は宝塚の平野部に突き出た丘陵の南端部にある。丘陵を彫り切って周囲に水堀および土塁をめぐらし、塚口城(尼崎城)などと同様に、この地も最初、寺内町として発展した集落であった。
 小浜寺内の核となった「毫摂寺(ごうしょうじ)」(小浜御坊)が建立された時期は不明であるが、一般的に明応年間(1492〜1501)と推定されており、順興寺実従の『私心記』によって、永禄三年(1530)には少なくとも存在していたことが知られ、水堀および土塁に囲まれた寺内町が形成されたのは、この頃であろうと考えられている。つまり、摂津一向一揆の北部の拠点に小浜御坊が選ばれたためである。
小浜城要図
 
 摂津一揆がほぼ鎮まったあと、天正六年(1578)に荒木村重が伊丹の有岡城に織田信長」に背いて立て籠もった。この時、信長の武将が小浜城に入ったことが『摂津志』などに示されており、戦火によって近隣の米谷(まいたに)・安倉(あぐら)・川面・安場の村々が焼かれ中山寺なども焼かれたが、小浜については戦火を浴びたという記録はない。防御の堅固さゆえに免れたのあろうか。
 小浜の地は有岡落城後の同八年(1580)から十一年(1583)まで、池田恒與(信輝)・之助父子が領有し、次いでは尼崎城の三好秀次が領有したが、のちに豊臣秀吉の蔵入地となった。また江戸時代には宿場町として栄えた。
 文化二年(1805)頃の小浜城跡は東西300m・南北500mで、「大堀(川)」が北面か西面をめぐって南面へ流れており、南面は湿田で東面には池が設けられていた。この環濠内側は土塁もしくは崖で、城内へは三か所の門(北門・東門・南門)のいずれかからのみ入れるようのなっていた。
 大堀は全長300m、幅20mで城跡北側の給料を堀切って水を引き、北門に通じる国府橋の付近が最も深く、約15mである。なお、かっては城内民家の土塀には、長方形の銃眼が残っていたという。現在城跡は江戸時代の宿場町当時の面影をよく残している。
地図&解説文は「日本城郭大系」第12巻より転記
 
現在の小浜宿案内図
 
毫摂寺(ごうしょうじ)
 
東門跡
 
南門跡
 
西側の堀は「花の道公園」となっています
訪問日=2017年4月16日
小浜宿資料館
所在地 兵庫県宝塚市小浜5-6-9
TEL 0797-81-3655(FAXと同番号)
観覧 無料
開館時館 10:00〜16:00
休館日 月曜日・年末年始(12/4〜1/4)
交通 JR宝塚駅から阪神バス10分小浜停スグ 阪急宝塚線:売布神社駅or清荒神駅から徒歩約15分
メニューに戻る