城跡探訪・北ノ庄城

福井城が「結城北ノ庄城」と呼ばれ、それ以前に存在した北ノ庄城を「柴田北ノ庄城」と云い、その城跡が福井城本丸跡から約1q南にあることを知り、訪れてみました。

意外と簡単に「柴田神社」と記された鳥居前に到着します。鳥居をくぐって先に進むと小さな赤い鳥居の横に女性の銅像がたっています。
お市の方

織田信長の妹で絶世の美人といわれ、小谷城主の浅井長政に嫁ぎ、1男3女をもうけた。長政が信長に背いたことで小谷城が攻められ長政は自害、お市の方と三人の娘たちは、織田家に引き取られた。本能寺の変で信長が没すると、織田家の重臣だった柴田勝家と再婚し、3人の娘達と、ここ北ノ庄城で過ごした。


三人の娘たちの銅像もありました。

左から「茶々」・「お江」・「お初」
「柴田勝家」公の銅像

 勝家は尾張国愛知郡に生まれ、織田信長の重臣となる。天正三年(1575)八月、一向一揆を平定させた功績によって信長から越前四十九万石を与えられた。勝家は足羽川と吉野川との合流点に北ノ庄城を構築した。現在の柴田神社付近が本丸と伝えられる。
 信長亡き後、同十一年(1583)四月、賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉に敗れた勝家は、同24日に北ノ庄城にて、妻のお市の方と共に自害した。

銅像の傍に城址碑がある

北ノ庄城「想像図」 (北ノ庄城址資料館・展示)
 天正九年(1581)四月、北ノ庄を訪ねてきた、ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、本国あての書簡の中に『この城は甚だ立派で、いま大きな工事をしており、予が城内に進みながら見て、最も喜んだのは、城および他の家の屋根がことごとく立派な石で葺いてある・・・・」と報告している。
 勝家はまちづくりにも創意を施し、城下の繁栄のために一乗谷から社寺・民家等を北ノ庄へ移転させるなどに努めた。

北ノ庄城址公園案内図
北ノ庄城石垣

 ここに展示している石は。勝家築城の北ノ庄城の石垣遺構と考えられます。
 発掘調査の結果からは、この石垣は本来、高く積まれていたが、江戸時代、結城秀康の福井城築城に際し取り除かれ、石垣の根石のみが残った状態であると考えられます。
 石垣の前面には堀が広がっていました。
福井城の堀と石垣

 拝殿下の石垣は、発掘調査で出土した状態のまま展示してあります。この石垣は「福井城三の丸」南に位置する曲輪の南西にあたり、当時は、今の石垣よりさらに数段高く積まれていました。堀は、ここより西へ約150mつづき、堀幅は約18mありました。

北ノ庄城・資料館

館内には発掘調査の資料などを展示
資料館の裏庭には勝家・お市の方の辞世の句碑が建っています。
 
所で、お市の方の3人の娘さんはどうなったのか気にかかりますが、ちゃんと公園の掲示板でフォローされています。
お江(ごう)「1573〜1626」

三女お江は豊臣秀勝などと再婚を重ねた後に、徳川二代将軍秀忠の正室となり、秀忠との間には7人の子宝に恵まれた。長男家光は三代将軍に、次男忠長は敦賀大納言となる。五女和子(東福門院)は後水尾天皇に嫁ぎ中宮となる。寛永三年(1626)九月十五日江戸城において生涯を終えた。享年54歳。
お初 「〜1633」

 二女お初は、姉茶々と妹のお江と共に秀吉に引き取られ、のちに従兄弟の京極高次に嫁ぎ忠高をもうける。高次は慶長五年(1600)関ヶ原合戦ののち、若狭国小浜城主となる。慶長十四年お初は夫と死別後、剃髪して常高院と号した。この頃からたびたび淀殿を訪ねている。寛永十年(1633)八月二十七日江戸において死去。享年66歳と伝えられる。
茶々(淀殿) 「〜1615」

 長女茶々は淀殿とも呼ばれた。
勝家が羽柴秀吉に敗れた時、茶々は2人の妹(お初・お江)と共に城から逃れた。茶々は秀吉の側室となって寵愛を受け秀頼をもうけたが、慶長十九年(1614)徳川家康の大軍と交戦する事とになり、翌元和元年五月八日、秀頼と共に大坂城中で自害した。享年49歳と伝えられる。
 
資料室に家系図がありましたので上記の件の確認のため張っておきます
北ノ庄城址
所在地 福井市中央1-21-17
交通 JR福井駅から徒歩約5分
入場 自由・無料
TEL 福井市おもてなし観光推進室 0776-20-5346
資料館 09:00〜18:00 無料
メニューに戻る