城跡探訪・岸和田古城
 
1981年発行の「日本城郭大系・第12巻」によりますと、『現・岸和田城の東側約600mの所に松林の一画があり、その中央に10aばかりの小高い場所がある。中央に「和田氏居城伝説地」の石碑が建てられていて、西側は低地なっている』と記されています。
岸和田新城と古城の位置関係図(日本城郭大系・第12巻より)
 
古城の所在地は「岸和田市野田町」と記されていましたので、探してみましたが、この辺りは住宅地となており、松林や高台などは、どこにも見当たりません。
一度通り過ぎた所を戻っていると、3階建てマンションらしき建物の角に、石碑らしきものが目に入りました。
  
近付いてみると「和田氏居城伝説地」の文字が確認できました。どうやら岸和田古城跡地は、宅地造成され、マンションなどが建設されてしまったようですが、碑は新しい解説板とともいに、しっかり保存されています。
  
岸和田古城跡

 通称「照日山」と呼ばれている小さな高まりがあったこの地には、大正10年(1921)に大阪府により「和田氏居城伝説地」と刻まれた石柱が設置されていました。
 14世紀前半に楠木正成の一族である和田高家が「岸」と呼ばれていた当地に城郭を築いたことから「岸の和田」すなわち「岸和田」という地名が起こったという伝承にちなんだものですが、この伝承は江戸時代になってからいわれはじめたようです。江戸時代につくられた「岸和田古城図」(大阪歴史博物館所蔵)には、「本城」・「二ノ郭」・「二之郭」などが記載されています。
 平成18年から翌19年にかけて高まり部分の発掘調査が行なわれ、濠や土塁、カマドなどが見つかりました。
発掘調査の結果は、古城図と合致する部分が多く、この場所が古城図の「本城」にあたる可能性が高いこともわかりました。
「本城」部分は、15世紀後半に築造され16世紀初頭には廃絶していたと考えられます。
 また「岸和田古城図」を参考にすると、古城の範囲は東方の岸城中学校付近まで広がっていたことが推測されます。

平成22年2月
         岸和田古城跡を考える会
         岸和田市・岸和田市教育委員会
解説板
 
岸和田古城図
 
岸和田古城跡碑 「大正十年」の文字が読みとれる
  
岸和田古城跡
所在地 大阪府岸和田市野田町1丁目
交通 南海本線・岸和田駅から徒歩約4分
訪問日 2017年1月11日
メニューに戻る