城跡探訪・岸和田城

 
2017年1月11日
 
南海電鉄・岸和田駅から徒歩で約15分、岸和田城を望む堀の東端に辿り着きました。堀池では渡りの鴨たちが羽を休めています。
岸和田城・復興天守閣
 
 岸和田城がいつ、誰によって建てられたのか詳しいことはまだわかっていませんが、戦国時代末期(16世紀半ば)には当時泉州地方を治めた松浦氏の居城となっていました。
 織田信長の家臣津田伸張・蜂屋頼隆がしばらく在城した後、羽柴秀吉は家臣中村一氏を岸和田城主とし、紀州の根来寺や雑賀衆への押さえとしました。一氏は紀州勢の大軍を相手に城を守りぬき、天正十三年(1585)、秀吉は岸和田城を拠点として根来寺を焼き討ちして、泉州地域から根来寺勢力を一掃しました。その後、秀吉は叔父の小出秀政を城主とし、秀政は城下町と城郭の整備にかかり、天守閣も秀政によって建てられました。
 豊臣氏滅亡後、松平(松井)氏二代を経て、寛永十七年(1640)、摂津高槻から岡部宣勝氏が入城し、以後、明治維新まで岡部氏が13代にわたって岸和田藩五万三千石を治めました。江戸時代の岸和田城は、大坂のの南の守りとして、幕府の西国支配に重要な役割を果たしました。
 この間、文政十年(1827)、落雷によって天守閣は焼失し、以後長らく再建されませんでしたが、昭和29年(1954)、鉄筋コンクリート造り三層の天守閣が再建さて、また昭和44年に城壁と櫓が再建されました。
岸和田城のパンフレットより
 
復興天守閣の裏側:石垣の下部に「犬走り」といわれる細い通路が見られる
     
入城するため本丸に向かいます
入口右手の新しい城跡碑
城門 城門をくぐった所に古い城跡碑が建つ(読めません)
 
城門から左手のスロープを上がっていくと、沢山の解説板が建ち並んでいます。それによりますと・・・・

 文禄四年(1595)より始められた岸和田城の作事。慶長二年(1597)に天守閣が上げられた旨が「岸城古今記」に記されています。
 文政十年(1827)、岸和田城天守に雷が落ち、天守をはじめ本丸の多聞櫓など多くの櫓が消失した。

 明治四年(1871)廃藩置県の布告を受け、二の丸に残っていた伏見櫓、藩主の御殿も主を失い順次破却された。
岸和田城図 承応二年(1653) 岸和田城図 安政六年(1859)
天守焼失後の絵図で、天守台のみ描かれている
   
焼失より百二十六年(1653)、町のシンボル不在だった本丸に、岸和田市民の力によって、天守が再建されることとなる。
昭和二十九年(1954)、約一年の歳月をかけ、数々の問題を乗り越えて、町のシンボルが再建されました。

岸和田城復興天守閣:正面

 
天守閣・最上階の内部 岸和田城の城郭模型が展示されています
 
天守閣最上階からみた海岸側のパノラマ写真
 
六甲の山並みと神戸の街がかすかに望めます 
 
天守閣から見下ろす 岸和田城庭園(八陣の庭)
 
この庭は庭園設計の第一人者、重森三玲(しげもりみれい)氏によって設計・監督されたもので、室町以前の城郭平面図をもとに地取りし、所々に諸葛孔明(しょかつこうめい)の八陣法をテーマに大将を中心に天・地・風・雲・龍・虎・鳥・蛇の各陣を配したものです。和歌山県沖の島産の緑泥片岩を用いた石組を京都白川産の白砂で囲み、これに砂紋を描いて海中の蓬莱を表現し、それ以前の庭園にはなかった上空からの俯瞰をも意識した近代感覚あふれた設計となっています。
岸和田城パンフレットより
 
岸和田城付近の地図(上が東方向です)
 
二の丸跡は二の丸公園となっています
 
紀州街道:江戸時代、紀州徳川家の参勤交代のため整備された街道で、今も当時の面影が残る
 
紀州街道を歩いていると、左のような案内地図がありました。
ここで「岸和田城防潮石垣跡」という文字を見つけ、道に迷いながらも何とか辿りつきました。
岸和田城防潮石垣跡
松平康重が岸和田城主となった元和五年(1619)以降に幕府の命により整備された石垣の一部であり、現在、岸和田市指定史跡となっている。古図(右上)によれば、この石垣は約800mにわたって築かれており、海岸付近の防備の目的と防潮堤としての役割を果たしていた。江戸時代末期まで城の外郭として保全されていたが、明治維新後に大部分が破壊され、現在はこの場所に長さ9m、高さ22mあまりが残されているばかりである。過去の海岸線の位置と岸和田城の規模を示すものとして貴重な遺構である。
現地案内板より
岸和田城防潮石垣跡
 
岸和田城跡
所在地 大阪府岸和田市岸城町9番1号
TEL 072-431-3251
天守閣
入場料
大人:300円 中学生以下:無料
開場時間 10:00〜17:00(入場は16:00迄)
休日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合開場)
交通 南海電鉄:蛸地蔵駅から徒歩約10分
南海電鉄:岸和田駅から徒歩約15分
メニューに戻る