城跡探訪・鬼薗山(きおんざん)

 鬼薗山(きおんざん)城は、現在、奈良ホテルとなっている丘の上にあった。ここはかって大乗院の境内の一部であった。
大乗寺庭園より奈良ホテルを望む
 
文安元年(1444)当時、大和を二分する北の筒井、南の越智両勢力の対立が激化して、越智方には豊田頼英ら衆中の大半が与(くみ)した上に大乗院前門跡安井寺経覚がついたので、興福寺権力の主流となった。対する筒井方は順永の兄成身院光宣が寺内に影響力を維持しており、越智・古市方の制圧する南部の奪還をうかがっていた。この年の1月に衆中の陣所として鬼薗山が選ばれ、まもなく築城に取りかかる。工事は学侶・衆中の命令で人夫数千人が動員され、陣屋が多く建てられた。
大乗院庭園と奈良ホテルの位置関係 奈良ホテルの門柱
 
各陣屋には兵糧米を蓄える倉が付属し用水としては水桶数十個が用意され、8月には経覚自ら城内の陣屋に移住した。ところが、翌文安二年九月、筒井・成身院方に攻められ自焼し、光宣が代わって城主となって修復した。享徳二年(1453)三月、越智・古市方に攻めれれ、撃退はしたが、康正元年(1455)八月に落城し、九月に越智方が接収して改修し、中坊懐尊が住み込んだ。
奈良ホテルの入口
 
やがて戦乱も鎮まって無用の長物と化し、長禄二年(1458)九月、廃城と決し、九月二十三日、まず陣屋などを撤去し、土崩しの作業は十月十四日までかかった。堀はことごとく埋められ、徹底した破壊が行われたそうである。この破城に加え奈良ホテルの建設によって、今日、城の遺構は全く残っていないとの事。
奈良ホテル
 
玄関口
 
なんとなく城を連想させる部分もある
 
解説文は「日本城郭大系 第10巻」・新人物往来社編より抜粋 
 
鬼薗山(きおんざん)
所在地 奈良市高畑町1096
交通 近鉄奈良駅から徒歩約15分
バス約8分:タクシー約5分
JR奈良駅から徒歩約25分
バス約15分:タクシー約8分
訪問日 2016年12月3日
メニューに戻る