城跡探訪・紀伊北野城

『紀伊続風土記』 北野村の項に、古城址二個所と記して「大和御前の東の山にあり、土人平田の土井殿の城といふ。次郎左又門右エ門又左衛門兄弟の城とぞ。今田地となり十町許の畑なり。此山より陶器を作る土を出す。上品なりといふ」とある。初めには、古城跡二個所と明示しているが、本文には一ヵ所しか明治されていない。その一ヵ所は、阪和線紀伊駅の北方、紀伊中学校の地で、「北野城屋敷」と呼ばれ、その西方の田地を「古戦場」ともいったそうである。もう一ヵ所については、伝わっていないが、『紀伊風土記』の弘西村の項に、「此所(梅宮)に橘姓人住し故橘谷といふ。今も猶城屋敷と呼ぶ地あり」とみえる。この橘谷は、北野城屋敷の西むかい側の丘陵地帯をいう。そこの両側が谷にはさまれた要害に適した地である。
JR阪和線:紀伊駅北方にある「若宮池」
池の西側に紀伊中学校が見えている。 池からの灌漑用水路ですが堀跡かも?
南側から望む高台にある校庭 南西側から望む紀伊中学校
長い上り坂が続く 紀伊中学校・校門・校舎
校門西側の植込み
城跡を示すような物は見当たりません 学校西側の通路と畑地の間の堀跡か?
正門から堀跡?に沿って北に進むと 通用門があり奥は広いグランドです
紀伊北野城跡
所在地 和歌山県和歌山市北野544
交通 JR阪和線:紀伊駅より徒歩約6分
見学 自由 (校外)
訪問日 2018年12月8日
メニューに戻る