城跡探訪・加納城


2016年7月31日

岐阜城を訪れた際、「慶長6年(1601)岐阜城は廃城となり、天守閣・櫓などは取り壊されて加納城に移築され・・・・・」という文面を見て、加納城跡に足を伸ばすことにしました。
JR岐阜駅の北側に出ると「岐阜市内観光案内地図」があり、加納城・所在地の大体の見当をつけ出発します。
 
 
この辺りには、かっては中山道と呼ばれた道があり、加納宿があったようである。
一寸遠回りしたようですが、どうやらここが加納城跡公園のようです。
木々の根元から立派な石垣が所々で顔を出しています。
石垣にそって東に歩を進めると解説板が設置されている場所へと出ます。
 加納城は、徳川家康が慶長五年(1600)の関ヶ原合戦の直後、築城を命じた城です。北から南へ五つの曲輪『三の丸・厩曲輪(うまやくるわ)・二の丸・本丸・大藪曲輪』があり、それらわ堀と川に囲まれ、「水に浮かぶ城」という景観でした。また、石垣などは関ヶ原合戦で落城した岐阜城から運んだと伝えられています。
 初代城主は徳川家康の長女「亀姫」の婿、奥平信昌で10万石が与えられ、それ以降代々の城主は譜代大名が勤めました。明治維新後、建物はすべて取り壊されてしまい、堀も埋められ、今では本丸の石垣と土塁、二の丸や三の丸の北側石垣や、三の丸北東部分に当時を偲ぶことができます。
 今あなたが立っているところは本丸の北門にあたります。本来の本丸の出入り口である大手口は東側凸字型に出っ張った部分にありました。これは「外枡形(そとますがた)」という徳川氏が初期に造った城の特徴といわれる形です。
 昭和五十八年(1983)に本丸が国の史跡に指定されてから、発掘調査が行われ、江戸時代の加納城の地面の下に戦国時代の加納城の土塁が埋もれているのが確認されました。また、本丸の堀の底には「堀障子」と呼ばれる畝(うね)状の仕切りがあったことも分かりました。
現在の城跡は公園として整備され本丸のみが残る (南門側の案内板) 
本丸・天守台 本丸・東南部の石垣
本丸・南東角 本丸・東南部から凸部を望む
現在、本丸内は広大な芝生広場となっていて、この日は陸上競技の練習場として使用されていました。
三の丸跡に建つ「加納小学校」の玄関脇(内部)に城跡碑が建っています。
国道157号線脇には「加納城大手門跡」の大きな石碑が建っています。
加納城跡
所在地 岐阜県岐阜市加納丸の内
入城 自由
交通 JR東海道本線:岐阜駅下車徒歩約20分
駐車場 加納公園に無料駐車場あり
メニューに戻る