城跡探訪・今西家土居屋敷

 今西家は、元来、奈良春日大社の若宮神主中臣家(現・千鳥家)の支流であるが、吹田市から豊中市にかけて存在した春日社領垂水西牧内の南郷目代として、鎌倉時代末頃に当地に着任したものらしい。
 当時、悪党の台頭などによって混乱の極みにおちいっていた西牧の経営の立て直し、所領の維持を計るためであろうと思われる。このように、今西氏は神官でありながら、年貢の取立や秩序の維持といった在地領主の側面をも合わせ持っていたため、その居館も、そうした多面的な要素をうかがわせる構造となっている。
今西家土居屋敷・位置図
 下図に掲げたように、屋敷は二重の堀でで囲まれているが、内堀で囲まれたいわば本丸部分は神域であり、春日社を祀り、かつ神官としての今西氏の居住部分もここにあった。他方、内堀と外堀の間、すなわち二の丸部分は、政所があるように、領主としての今西氏の生活空間であり、ここにはまた、同氏の一族や家人なども居住したという。さらに、この外堀の内側には、名称の由来となった土居(土塁)がめぐらされたものと思われ、方二町の規模を有したといわれるこの屋敷は、まったく中世土豪の城館そのままの構造であったといってよかろう。
 山崎合戦に際して、明智光秀の娘を妻とした36代春房(ときふさ)が明智方に属して出陣したため、戦後、羽柴(豊臣)秀吉によって所領を没収される憂き目をみたが、江戸時代に入ると、領主保科氏の崇敬厚く、幾分の復興をみたが、明治に入って、同家の春日神社はまったくの家内神となり、同40年には廃社となった。
解説文:屋敷位置図:屋敷要図は、日本城郭体系12・大阪編より抜粋
屋敷の西方を流れる天竺川 土手上から望む今西家住宅(神社の森)
今西家大門 「春日大社南郷目代今西氏屋敷」の石碑
上図、東南部の池は埋められ、平地となり 南側の外堀は道路となっている
上図の屋敷地図の西側にあった外堀は、その横にあった土塁で埋められ(と思う)、立派な道路となっています。また、二の丸にあたる部分の西側は、内堀を含む本丸部分を残し、一般に開放されたようで、民家がなどが建ち並ぶ住宅地となっています。
西側道路・東側空き地から本丸が見える 本丸・内堀の南西の角
少し北に進んだ所の横道から見える本丸跡 金網の向こうは内堀跡のようである
北西端から東方に延びる道路は外堀跡か? 屋敷の北東端と隣のマンションとの境界
  
今西家土居屋敷
所在地 大阪府豊中市浜一丁目
交通 阪急宝塚線:服部天神駅より徒歩約8分
見学 内部は未公開
訪問日 2019年7月9日
   
メニューに戻る