城跡探訪・堀城

阪急電鉄:十三駅から神戸線の脇を北方に歩いていて、武田薬品工業・大阪工場前に差しかかると、門塀に何か貼られているのが目に留まります。
左側の黒板には

堀城跡伝承地(淀川区十三本町付近)

室町時代後半(16世紀)に築城された城で、元亀元年(1570)の織田信長による、野田・福島攻めでは将軍・足利義昭が入城した。現在、かっての城郭を示すものは地表に見ることはできない。 ・・・と記されています。
黄板の方は下の通りです。
現在、十三(じゅうそう)付近には、堀と名がつく地名は見当たりませんので、古地図が有るという「神津(こうづ)神社」を訪れてみました。
神津神社

神津神社は今を去る四百数十年前(天正年間)に八幡大神を現在の地にお祀りしたのにはじまります。明治四十二年(1909)に神津村の木川、野中、新在家(現在の新高)、堀上、今里、堀(現在の十三本町)の各村の氏神を小島村の八幡宮に合祀し、社名を神津神社と改めました。
神津神社略記より抜粋
上記から、現在の十三本町は以前「堀村」と呼ばれていたことが判明しました。
境内にあった「十三の道標配置図」によりますと、十三渡(13番目に出来た渡しで、現在の十三(じゅうそう)の地名は、これに因むものと思われる)は、ここからから続く中国街道が堀村の中央を横切って存在しています。堀城は、おそらくこの辺りにあったものと思われます。
神津神社から十三公園に向かう途中、東横イン(ホテル)の横に、こんな祠がありました。
この由緒書きにも「堀城」の記載があり、上地図にある「鏡ヶ池」の事も記されています。
十三公園
「堀の森」の巨木か?
堀城跡 (武田薬品工業・大阪工場内)
所在地 大阪市淀川区十三本町二丁目17番
見学 案内板を見るのは自由
交通 阪急電鉄十三駅より徒歩約6分
訪問日 2018年9月28日
メニューに戻る