城跡探訪・枚方城

枚方は、奈良時代に百済王氏が渡来した地である。枚方城は、この百済王氏の後裔と称する豪族本多氏の居城であった。本多内膳正政康は、豊臣秀吉の家臣となり、その娘が秀吉の妾となったことから豊臣家との関係が深まり、家運は大いに栄えた。しかし、大坂冬の陣(1614)の前年、大坂城の外堀的存在であった枚方城は、いち早く東軍の手に帰してしまい、慶長二十年(1615)、大坂落城にともない、枚方城も廃城となった。 (日本城郭大系12より)
2016年6月18日

京阪バスに乗って茨木から、京阪枚方市駅に向かって淀川大橋を渡っている時、左前方に緑で覆われた高台が見えてきます。

「日本城郭大系」によりますと、枚方城は何らの遺構も残していないが、その立地は枚方市内では最も高所に位置しており、舌状大地の最突端で、三方は深い谷となっており、城の立地条件としては良好に読みとることができる。と記されており、どうやらあの上に城があったようである。

枚方市駅前から高台に向かって歩いていると、「御茶屋御殿跡展望広場」と記された案内石碑を発見、御殿という文字が城と関係があるような気がして矢印に従い進みます。
山裾がだんだん近くなり
 
上りの石段横に案内板がある
 
石段を上っていくと
 
御茶屋御殿跡展望広場前に出ます
 
御殿広場からは眼下に淀川から河内平野が一望できます
 
現在広場に建物は何も残っていません
 
解説板
 
解説板によりますと
 
 京・大坂間を結ぶ交通の大動脈、淀川と京街道を見下ろすこの地に豊臣秀吉が御茶殿を建てたのは文禄四年(1595)のことです。三矢村に残る記録から秀吉が「御茶殿」を当地に建てたことが確認できます。伝承では、秀吉の家臣である枚方城主・本多内膳正政康の娘「乙御前」を妾としてここに住まわせたと伝えられています。
 京都と大坂に拠点を置いた秀吉は、この間をしばしば行き来していました。中間に当たる、ここ枚方の地にも立ち寄ったことでしょう。文禄五年(1596)の淀川堤防改修に際しては、対岸の大塚から枚方の工事の様子を上機嫌で眺めたとの話も残っています。
 江戸時代に入ると、御茶屋御殿は幕府公用の施設となり、元和九年(1623)には2代将軍徳川秀忠が、寛永三年(1626)には3代将軍家光が逗留したと記録に残されています。
上の解説板で「枚方城」の文字が確認でき、枚方城もこの付近にあったと思われます。
 
枚方城跡
所在地 枚方市枚方上之町
交通 京阪・枚方市駅より徒歩
地図のマーカーは御茶屋御殿跡展望広場を示しています
メニューに戻る