城跡探訪・五条野城

五条野城

 五条野(ごじょうの)城は、近鉄岡寺駅東方1.2qの丘上にあり、現在、五条野の八咫烏(やたがらす)神社境内となっている。神社の北側石段の東脇に駒の手の空堀ととその外緑土塁の一部が残り、対する西面には社殿の西に堀底から外を宅造で削られた空堀の痕跡が認められる、方形館城である。五条野集落とは比高はほとんどないが、南側丘腹は急斜面である。至徳元年(1384)の『長川流鏑馬日記』にも名のみえる国民五条野氏の城跡と思われる。
「日本城郭大系10・奈良編」より転載
近鉄岡寺駅前の道路を東進すると、突き出た丘上に向かう坂道がある。
坂道を上って行くと 前方に土塁・奥にはこんもりとした森が現れる
これが空堀の痕跡でしょうか? 八咫烏神社の境内が見えてくる
八咫烏神社の鳥居
本殿 拝殿
参道の東側に土塁と空堀(落葉でかなり浅くなっている)がある
本殿傍の手水鉢の側面には宝暦六(1756年)の文字が見てとれる
五条野城(八咫烏大明神)
所在地 奈良県橿原市694
交通 近鉄吉野線・岡寺駅より徒歩約8分
見学 自由
駐車場 なし
訪問日 2019年1月25日
メニューに戻る