城跡探訪・岐阜城

墨俣城跡から望む金華山上の岐阜城(2015.9.5).
  
2016年7月31日 金華山の麓までやってきました
 
標高328mの山頂付近までロープウエイで上ります
 
まだ天守台までは、かなり歩かないと・・・・
 
伝一ノ門跡
 
馬場跡(城内で唯一平坦で長い通路)
 
 鎌倉時代の建仁元年(1201)、幕府の執事・二階堂山城守行政が軍事目的のため、ここに初めて砦を築いたと伝えられているが、稲葉山城として日本史に大きく登場してくるのは斎藤道三以後のことである。
 斎藤道三は天文八年(1539)2月に稲葉山城を修築して入城し、続いて子の義龍、孫の龍興が城主となりました。
 永禄十年(1567)織田信長は斎藤龍興と戦って稲葉山城を落とし、9月新城主として入城しました。信長は稲葉山城を岐阜城と改め、楽市場を保護し、「天下布武」の朱印を用いるなど天下統一の本拠地としました。永禄十二年に宣教師ルイス・フロイスが岐阜城を訪れ、その壮麗さに驚いたことを書簡に記して本国ポルトガルへ送り、西洋にまで岐阜城のことが知られるようになりました。
 その後、織田信忠・神戸信孝・池田元助・池田輝政・豊臣秀勝が岐阜城主となりましたが、慶長五年(1600)八月二十三日岐阜城主・織田秀信は西軍の豊臣方に味方して東軍の徳川方と戦い、福島正則・池田輝政に攻められて開城しました。慶長六年、岐阜城は廃城となり天守閣・櫓などは取り壊されて加納城に移築され、江戸時代には金華山山頂に天守閣が建てられることはありませんでした。
 明治四十三年(1910)木造の模擬城が建てられましたが、昭和十八年(1943)に焼失しました。その後、観光岐阜のシンボルとして、また安土桃山時代の華麗な城郭を再現したいという岐阜市民の熱意と浄財により昭和三十一年に現在の三層四階の天守閣を再建しました。
 平成九年(1997)大改修工事を行い、織田信長の頃の壮麗な天守閣の姿を再現しました。
  平成十三年三月 岐阜市  (現地・解説板より)
二の丸跡(やっと岐阜城が見えました)
天守閣最上階からの眺めは最高!
  
明治の天守閣の写真(岐阜城資料館)
  
岐阜城本丸井戸
  
石垣:岐阜城で最も良く石垣が残る場所で、その高い技術から信長の入城後に造られたと考えられているそうです
  
七間壁
  
岐阜公園内の井戸(麓の居館用)・再現
  
金華山の麓にある「信長居館跡」に寄ってみましたが
  
現在発掘調査中とのことで立入禁止となっていました
  
織田信長居館跡(現地案内板より)
 永禄十年(1567)織田信長は金華山山頂に岐阜城を修築して天下統一への拠点とした。金華山の西麓にあるこの辺りには人工的な2〜3段のテラス状地形があり、最上段を千畳敷、中段以下を千畳敷下という。ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが著書の中で壮麗なものとして紹介した信長の居館の跡といわれている。
 昭和59年から行われた発掘調査で、両側に板状の巨石を立て並べ、千畳敷下から千畳敷へと折れ曲がりながら上っていく通路をはじめとして、その途中や周囲に配置された土塁状遺構・石垣・階段・水路などが発見された。岐阜城は、信長が近江の安土へ移った後、慶長五年(1600)関ヶ原戦の前哨戦で落城するまで続くが、これらの遺構の多くは、その出土品などから信長時代にその基本的な造作が完成したと考えられる。巨石を用いる例は江戸時代の大阪城大手門や搦手門などにうかがえるが、この時期には稀である。
岐阜城
所在地 岐阜市金華山天守閣18
TEL 058-263-4853
開館時間  5月12日〜10月16日 08:30〜17:30
10月17日〜 3月15日 09:30〜16:30
        元旦のみ 06:30〜16:30
 3月16日〜 5月11日 09:30〜17:30
休館日 ロープウェイ共・年中無休
入館料 大人:200円 小人:100円 70歳以上:無料
交通 JR岐阜駅・バス亭12/13番乗場発「岐阜公園・歴史博物館前」下車
金華山ロープウェイ
営業時間 天守閣開館の30分前・閉館の30分後
料金 大人:片道620円 往復1080円
小人:片道280円 往復540円
メニューに戻る