城跡探訪・福井城

2016年8月12日

JR福井駅から徒歩で数分、福井城の御本城橋前に到着です。
 
福井城は、かっては「北ノ庄城」と呼ばれ、柴田勝家が天正三年(1575)に築城したものと、その後、慶長五年(1600)に越前に入った徳川家康の次男・結城秀康(ゆうきひでやす)により築かれたものの2期に分かれています。
 
現在、福井城と呼ばれている遺構は、結城氏が築城した「北ノ庄城」である。
福井城下町

 城下町福井の歴史は、天正三年(1575)織田信長から越前を与えられた柴田勝家が、当時「北ノ庄」と呼ばれていたこの地を越前支配の中心地と定めたことから発する。勝家は、豪壮な城郭を築き、また、朝倉氏の本拠であった一乗谷から住民や神社仏閣の移転を進めた。勝家時代の城は現在の柴田神社辺りに中心があったと推定されている。(左図・福井城の南約1q)

 天正十一年(1583):信長の後継者の地位をかけ、勝家と羽柴秀吉が争う。賤ヶ嶽の戦いに敗れた勝家は、北ノ庄に戻り妻お市ノ方と共に自刃した。その後、秀吉は丹羽氏に越前を与える。以後、北ノ庄城は丹羽氏・堀氏・青木氏等が歴任する。

 慶長五年(1600):関ヶ原の戦いは、徳川家康の率いる東軍が大勝する。家康は、次男である結城(松平)秀康に越前六十八万石を与える。

 慶長六年(1601):結城秀康が越前入国。城と城下町の大改修を行い、現在も残る本丸跡を中心に幾重も濠を廻らした大規模な平城を築いた。

  
福井城全容図(日本城郭大系第11巻より転載)

この福井城も、万治二年(1659)四月、寛文九年四月と二度の大火にみまわれ、特に後者の寛文九年四月十五日、城下永雲寺門前より出火した大火は、城下の大半を焼くと共に、天守をはじめとする城櫓等のほとんどを焼いた。藩は、ただちに再建に着手し三か年を要して復旧したとされる。しかし、天守は再建されなかった。その後は、藩主交代等によって修改築を受けながら存続した建物も、版籍奉還以後、次々と取り壊され、現在はその姿をとどめていない。残存しているのは、本丸の石垣と天守台のみである。
福井城本丸跡、東南側からの展望。
江戸時代の福井城本丸。 現在は警察本部・県庁舎・議事堂が占める。
巽櫓台 北側から望む天守台が乗る石垣
御廊下橋

福井城は本丸を中心に、堀と郭が幾重にも巡らされる典型的な環郭式平城で、徳川家康の次男の居城に相応しい壮大な城郭でした。
 本丸内には政庁と藩主の居住部分を合わせた床面積一千坪を超える御殿がありましたが、歴代藩主内の五名が、現在の中央公園にあった西三ノ丸御座所に居住していたとされ、藩主が政庁であった本丸と西三ノ丸御座所を往復するための専用の橋が御廊下橋でした。明治初期に撮影された写真によると、この橋は屋根付きの珍しい形態でした。(現在復元工事中)
城の外周を一回りし、いよいよ御本城橋から入城です 結城秀康公の銅像が”どうぞ”と出迎えてくれます
天守台への案内板 案内板の天守画像
福井城天守

 福井藩の初代藩主・結城秀康が築いた福井城の本丸には壮大な天守が偉容を誇っていた。
 残されている天守絵図によれば、外観は四層であるが、最上階の階高を高くとって二階分の床を張っており、内部が五階になっている。絵図では高さが、約28mあり、天守台を含めると約37mにもなる。
 四層五階の壮大な天守も、寛文九年(1669)四月の大火で焼失して以来、再建されることはなかった。
天守台はかなりでかい
天守台跡案内図
福の井

 ここにある古い井戸は「福の井」と称せられ當城の改築以前からここに存し、名井として知られていた。寛永元年(1624)當地の名「北ノ庄」が福井に改称されたが、その由来は、この福の井の名に因んだものと傳えられている。 (古い石板に刻まれた解説文)


 井戸の底部までの深さ5.7m / 水深1.9m
 この控天守台跡の石垣には福井震災(1948年6月)等による崩壊の跡が残っています。

 巌しい自然の力が感じとられるとともに、築城以来の悠遠なる時の流れに思いを馳せることができます。

(現地案内板より)
天守台跡 福井市立郷土歴史博物館内の福井城立体模型
福井城跡
所在地 福井県福井市大手3丁目
問合せ 077-620-5346(福井おもてなし観光推進室)
交通 JR北陸線:福井駅から徒歩約5分
入城 見学自由(無料)
休館日 年中無休
駐車場 無し
メニューに戻る