城跡探訪・枝吉城

 枝吉城は戦国騒乱の時代が幕を開ける十五世紀の頃、明石氏によって築城された。明石氏は、古代明石郡の大領を先祖とするという言いつたえがある。
 城を台地上にかまえ、その東縁には城主の居館を中心に城下町が形成され、一時は地域の中心として賑わった。
 その後、枝吉城は二度の合戦を経て、城下町もそのたびに戦火にあったが、十六世紀末にはキリシタン大名の高山右近重友が最後の城主となり、一世紀半にわたる枝吉城の歴史は終わった。
 枝吉城が築かれていた台地は城山とよばれ、六万三千余平方メートルの範囲には田畑や雑木林、溜池があった。この台地上には、稲作開始期にあたる弥生前期の村落跡もあったが、枝吉城築城の際に壊されてしまった。弥生前期の村落跡「播磨吉田遺跡」と「枝吉城址」の顕彰碑が城山台地上に建立され、この地の一ページを記念している。


         現地案内板より
枝吉城跡へは吉田郷土館の南側から上がる
本丸への上り口横に解説板がある
案内板の地図によりますと、点線より下部のみが遺跡保存台地で、上部は切り取られて無いようです。
 
解説板横の薄暗い階段を上って行くと
 
城跡碑が建つ本丸保存台地に到着する
 
城跡碑
 
播磨吉田遺跡碑

中国大陸に起源をもつ稲作農耕文化ほ、北九州がら東進して当地方に及んだ。この丘陵上にも、畿内で最も古い農耕村落の一つが営まれ、明石平野を豊穣の大地に変える、最初の一鍬が打ちおろされた。その後、戦国時代の枝吉城を築城した際、この村落跡は破壊され、ほとんど消滅した。
播磨吉田遺跡碑前から東南方向を望む(左奥に城跡碑・右手前は東屋)
 
本丸の北西側の3/4は切り取られ現在は住宅地となっている
  
Googleアースで見てみると現在の状況がよくわかる (樹木の中の地肌が見える部分が遺跡保存台地
 
吉田遺跡碑の左側から下りると
 
神本(こうのもと)神社の拝殿に辿り着く
 
神本神社
 当神社の創建は、明石初代藩主、小笠原忠正公時代の元和五年(1619)に、社領田、三反歩が寄進され、元和七年(1621)、明石郡林崎庄吉田村に「柿本大明神」として祭祀されたことに始まる。
 遡ればこの鎮守の森の城山は、弥生時代の「吉田遺跡」であり中世から近世への過渡期には枝吉城があり、神社の境内地は城主明石氏の館跡で、周辺には武士や商人がそれぞれ堀を持つ居を構えた由緒ある史跡地である。
神本神社由緒碑
 
由緒碑より抜粋
 
上ノ池は埋められて現在は公園となっています
 
枝吉城跡
所在地 神戸市西区枝吉4丁目
入城 自由
交通 JR西明石駅より徒歩約25分
訪問日 2017年5月11日
切り取られた北西面
 
メニューに戻る