城跡探訪・家原城

大阪府堺市にこんな所がある 右側の石碑には「家原城跡」と記されている
解説板によりますと

 十六世紀中頃は、三好長慶が近畿・四国地方で九ヶ国余りを制圧し、和泉国もその支配下にあった。しかし永禄八年(1565)以降、三好長慶の重臣であった松永秀久が、長慶の後継者である三好義継を擁する三好三人衆と対立するようになり、家原城においても対立した状況が、以下の資料でわかります。
 『細川両家記』」によると、永禄九年(1566)二月、家原城には松永方の和泉国の侍たち(泉州衆)がたてこもっていました。泉州衆は城をでて、堺を出撃した畠山高政と合流し、上芝 (現在の上野芝)で三好義継の軍勢13000と戦いますが、敗れて岸和田城に逃れました。
 永禄十一年(1568)九月には、織田信長の勢力が、三好義継を破り、畿内を平定しました。しかし、『細川両家記』によると、同年十二月には三好義継の家臣・寺町左衛門大夫(てらまちさえもんたいふ)・雀部兵衛尉(きさべじひょうえのじょう)らがたてこもる家原城が京都奪還を目指す三好三人衆に攻められ落城します。この戦いは、翌年の二月二十七日に上杉謙信にも伝えられました(『上杉家文書』)
 家原城から逃れた人々は踞尾(つくの)、家原に住み着いたと云われています。
 現在は、大幅に地形が改変されていますが、大池に面した部分にかっての家原城の面影を見いだすことができます。
家原城跡広場との名札が上がっています 隣の坂道から見る広場内
振り返ると大池が望める 家原城跡小道と記された坂道を上ります
高台にはマンションが建ち(この辺が本丸跡か) 前方には「堺市立総合医療センター」が建つ
中室院(なかむろいん)前の道路の東側が斜面になっており道路が落ち込む手前にこんな石が・・・
下り階段の右下にも石が積まれており、ひょっとすると、この斜面は城の東端部で、ここにあった石垣が崩れてしまい、その石が処分されずに残っているのではないかと思ってしまいます。
上の地図のマーカーは城跡碑がある場所です。
もしも中室院前の道路が家原城の東端であるならば、家原城古図と比較して、城域は「堺市立総合医療センター」を含む規模だったと考えられます。
城跡碑から道路をはさんだ西側に広場がある(マザーピアと記された左側)。この入口には「古城公園(家原城堀跡)」との名板が張ってありますが、堀跡であるという物証が何も無く、解説板なども見当たりません。すぐ横を石津川が流れ、はたしてここに堀が必要だったのか疑問が残ります。
 
家原城跡
所在地  大阪府堺市西区家原寺町1丁
交通  JR阪和線津久野駅より徒歩約7分
見学  自由
訪問日  2016年9月2日
メニューに戻る