城跡探訪・浅小井城

 本居館あとは、浅小井四郎長家を祖とし、館主は文治3年(1187)、この館にて病死したとされている。その子清長の代より深尾氏を名のり、代々この館に居住し、その間、加賀守・加賀介を名のる館主があり、今日町内には、加賀殿馬場・城の堀などの地名を残している。
 現在遺構としては、約1000uの面積をもつ居館跡と伝えれる地が、町内の西はずれ、周囲が水田の中に畑地として残されている。
日本城郭大系11滋賀県編より転載
蛇砂川(いさがわ)の土手上から、浅小井城跡の場所を探していると、コスモス畑が目に留まる。
つい、コスモス畑の方に足が向かってしまいます。(奥に浅小井の町並みが望めます)
近くで水路を発見!浅小井城の堀跡か? 水路横の道路から左前方に小高い土地が
南側に行って見ると、収穫後の田んぼの向こうに、小高い畑地が存在します。
通路を北に進むと、どうやらここが浅小井城(あさこいじょう)の入口のようです。
 木の枝葉に隠れるようにして、解説板がありましたが、一部はがれ落ちているのと、文字が薄れて全く解読できません。

 わざわざ遠方から訪ねてくる、もの好きの輩も居るのだから、何とかしてほしいものです。
ここが周囲の水田より高いため、畑地として使用されている浅小井城・本丸跡である。
近くの多武木神社の祠内に由緒書が貼られていました。それによりますと・・・・
 当社の御神体は藤原鎌足公にして、、多武の大明神と称え奉り、御本地は八大龍王の神を鎮め奉る如意輪観世菩薩を安置し、浅小井城(武双山湖月城)の守護神として、本丸敷地内の南東の角に鎮座されていたものであります。
 浅小井氏は平安時代後期、豊浦の冠者・行実の息、次郎盛実が当地に住し屋敷を構えたが、承安年中(1171年)北伊勢深尾谷に盗賊を退治して其の地に住した事により深尾氏を名乗った。十代元泰は京極佐々木氏に臣従して足利将軍家に覚え目出度く当地を領有して居たが、11代元範は六角佐々木高頼の旗下にあって文亀元年(1501年)浅小井城の築城を命じられ、元秀、元忠と三代在城す同族伊庭氏と同様、多武之明神を勤請祭祀して来たものであります。
 深尾氏の後、六角佐々木氏の後見職、箕作山佐々木承禎義賢は、伊庭氏の共望を避け、甲賀武士山中大和守俊好に封与したが、織田氏は佐々木氏を下しその後、当地の伊佐氏の預かる所となり後、豊臣秀吉は池田筑後守直輩を6万石で封じたが、文禄4年(1595)伊予松山に12万石で転封を命じ、廃城破却を行ひ、北方搦手に新田の開発すすめた守護神は、荒廃残置されていたが、明治23年(1889年)城地分譲の際、現在地に移転開講祭祀される様になった。
 今の社は、昭和8年(1934年)旧社を模して改築されたものであります。
・・・・・・との事。
堀跡の流れは、本丸の横から町の中へと入っていきます。途中、何ヵ所かある人工池状の見せ場?に流れ込みながら、南下しますが、その「見せ場」にも解説板が設けられているのですが、本丸にあった解説板と同様で、文字が全く読めません。よって以下の画像には、何の説明も出来かねます。
水路では鯉が泳ぐ
ここにも読めない解説板が写っていますが、この後、水路は「滋賀県道2号線」付近まで続いています。
浅小井城跡
所在地 滋賀県近江八幡市浅小井市
交通 JR近江八幡駅からバス浅小井下車
徒歩約3分
JR安土駅から徒歩約40分
訪問日 2018年10月22日
メニューに戻る