ウィリアム・メレル・ヴォーリズの足跡

私がヴォーリズという名前を知ったのは、豊郷小学校の取壊しが大きな社会問題として取り上げられた時である。この時に大阪の心斎橋大丸(百貨店)が彼の設計だと聞き早速駆けつけた。心斎橋大丸へはしばしば足を運んでいたが、たいがいは地下鉄から直に地下入口に吸い込まれてしまい、御堂筋側の外壁をじっくり見た事が無かった。しかし、それを見た時に強烈な印象持った。それ以後ヴォーリズ建築の虜となり、現在に至っている。
彼が残した建築物は、住宅・商業施設・学校・病院・教会など極めて多岐にわたり、またその数においても戦前の作品だけでも1500件以上いう驚くべき多さである。そして、そのほとんどの建物は基本的に洋風でありながら、そこに日本の風土・気候に合わせた合理性と実用性を上手く融合させた空間を構築していることに感心させられます。
そんなヴォーリズ氏の足跡を、関西学院大学発行の「ヴォーリズの祈りのかたち展」という冊子から写真と記載事項を抜粋して紹介いたします。

1880(明治13)年10月28日、ヴォーリズはアメリカ・カンザス州レブンワースで誕
生。

2歳のころ腸結核と診断され、回復はするも再発の可能性を指摘されていた。

7歳のころ、一家は彼の健康を考慮して、アリゾナ州フラッグスタッフへと移住、ここでの気候・風土・環境の変化は彼の肉体と精神に大きな影響を与えた。
1900(明治23)年、将来は建築家になることを決意してコロラド大学に入学する
彼は学業の傍らYMCA活動に多くの時間を捧げることとなる。

1902(明治25)年、カナダのトロントで開かれた海外伝道学生奉仕団の大会に
出席し、ここでテイラー女史の講演に感銘を受け、外国伝道への献身を決意。
それゆえ進路を変更し1904年哲学科で大学を卒業した。
1905(明治28)年  
2月2日、近江商人の士官学校と言われた滋賀県立商業学校(現・滋賀県立八幡商業高等学校)の英語教師として来日する。
アメリカの文化と文明でピカピカに輝いていた若くて人なつっこいヴォーリズは、
たちまち生徒達の間で人気者となり、彼が放課後に開いたバイブルクラスは大
変な盛況ぶりであった。しかし、皮肉なことにこのバイブルクラスの盛況が英語
教師ヴォーリズが後に教壇から引きずり降ろされる最大の原因になってしまう。
 
1907(明治40)年  
伝道活動の拠点とするべき八幡基督教青年会館(旧YMCA会館)を彼の私財とアンドリュース家からの寄付金で建てるも、一ヶ月後に英語教師を解任されてしまう。
 
1910(明治43)年  
彼は一旦帰米した後、1910年にアメリカ人建築家レスター・チェービンと共に来
日し八幡商業学校の卒業生である吉田悦蔵と3人で「ヴォーリズ合名会社」を
設立し、本格的に建築設計の仕事に着手する。
さらにその後、村田幸一郎を始めとする八幡商業学校の卒業生などを次々と
加えながら「ヴォーリズ建築設計事務所」の設立につなげていった。
 
   
設計事務所の発展と相まって、西洋建築に必要な建築金物の輸入を盛んに行
うようになった。これらの輸入会社として設立されたのが近江セールズ株式会
社(後の株式会社近江兄弟社)である。この会社の重要な取扱商品としてメン
ソレータムがある、これが大当たりして「近江兄弟社」は製薬会社としても知ら
れるようになった。(現在メンソレータムの商標権はロート製薬が持ち、近江兄
弟社はメンタームとして販売している)
 
1918(大正7)年  
結核療養所(サナトリアム)が近江療養院としてスタートし、最初の建物が完成。これはアメリカ人ミス・ツッカーの寄付が基金となったのでツッカーハウスと呼ばれている。この療養所の建設は、ヴォーリズ建築事務所で働いていた若者が肺結核で亡くなったことに起因している。
 
1919(大正8)年  
彼は38歳で日本人女性一柳満喜子(ひとつやなぎまきこ)と結婚する。満喜子夫人は専門である幼児教育を活かし、池田町の自宅でプレイグランドと称し子供達を集めて保育を開始する。これが現在の近江兄弟社学園へと発展していく
 
1941(昭和16)年  
大戦勃発に伴い彼は国籍を変え、妻の旧姓である「一柳」に戸籍を起して入籍し、一柳米来留(ひとつやなぎめれる)となる。これは「米(米国)より来て留まる」という彼の意思と、自分のミドル・ネームを掛け合わせた彼独自のユーモアでもあった。
 
1942(昭和17)年、  
戦争の激化に伴い、ヴォーリズの家族は軽井沢に疎開する(この事が縁で、現在 軽井沢に彼が設計した建物がいくつか残っている)
 
1945(昭和20)年  
終戦。ヴォーリズは家族と共に近江八幡に戻り、小・中・高等学校を次々と建設し、1951(昭和26)年に幼稚園から高等学校までを統合した総合学園「学校法人近江兄弟社学園」が誕生する。
 
1957(昭和32)年
 
8月、仕事先の軽井沢でクモ膜下出血のため倒れ、近江八幡の自宅に帰り療養生活に入る。
 
1964(昭和39)年
 
5月7日、7年間の病床生活の間、一言もしゃべることなく83歳で他界。現在、多くの近江兄弟社の仲間と共に恒春園に眠っています。