[INDEX] [←] [→]

建物名 京都大学花山天文台・本館
建築年 昭和4(1929)年
設 計 大倉三郎
施 工 川崎造船所(ドーム部分)
所在地 京都市山科区北花山
構 造 鉄筋コンクリート造り3階建て
撮 影 2004年7月19日
標高221mの花山(かさん)頂上に建つ、高さ20m・直径9mのドームを備えた天文台。京大は明治43(1910)年にハレー彗星回帰に備えて望遠鏡を購入し、キャンパスに設置したが、年を経るごとに、街の明かりによる光害が深刻となり、この場所に天文施設を移した。現在は、花山にも光害が及び、実際の観測は飛騨天文台で行い、ここでは観測データの解析などを行っているそうだ。