[戻る]

建物名 アサヒビール大山崎山荘美術館本館
建築年 大正6(1917)年
設 計 加賀正太郎
施 工 不詳
所在地 京都府乙訓郡大山崎町
構 造 木造+鉄筋コンクリート造り3階建
備 考 国登録有形文化財
撮 影 2004年4月7日
ニッカウイスキーの創始者、加賀正太郎は若き日に欧州に遊学。帰国後その時の記憶をもとに、自らの設計により英国風の山荘をこの地に建てた。完成した木造の洋館は、その後次々と増改築を繰り返し、現在の姿と成ったそうだ。昭和29(1954)年に加賀が66才で亡くなった後、次々と持ち主が代わり、建物は荒れ果てていったが、その後アサヒビールが買い取り修復。現在は新館と共に美術館として一般に公開されている。
アーチ窓の向こうは温室
2階展示室の窓辺