[INDEX] [←] [→]

建物名 安藤家洋館
建築年 大正8(1919)年
設 計 加護谷裕太郎
施 工 不詳
所在地 明石市大久保町大久保344
構 造 石造
撮 影 2007年12月27日
安藤家は江戸時代初めから大久保宿本陣を営んだ家柄。明治維新のあと宿場町は激変したが、 このころ養子に入った新太郎は、地方の生活に飽き足らず東京に出て海運業で成功。晩年、ふる さとへの思いからか、大久保の旧本陣の近くに建設したのがこの建物である。だが、完成間近 に新太郎が急死、「晩年は故郷で」の思いは実らなかった。完成後にこの建物で盛大な葬儀が 行なわて以後、無人のまま現在に至っている。 参考=神戸新聞発行「近代歴史遺産をたずねて」
東側からは高い塀と植木が目障りです
少し離れると上部がはっきり望めます