[INDEX]

建物名 旧・西宮砲台
建築年 慶応2(1866)年
設 計 不詳
施 工 不詳
所在地 西宮市西波止町西波止
構 造 花崗岩積み漆喰塗り・高さ約12m・直径約17m
備 考 国指定史跡
撮 影 2004年10月16日
江戸時代末に国防不安を感じた江戸幕府は、大阪湾に砲台を築き本格的な摂海防備に着手した。地盤が砂地であるため多数の松グイを打ち込み、その上に花崗岩を積み上げた構造。通常の2倍の賃金支払って、熟練工を集め、あしかけ4年を要して完成。二層目に見られる12個の孔は大砲で四方をねらうための11個の砲眼と窓で、内部には井戸・弾薬庫が設けられていた。完成後試射をしたところ、煙が内部に充満し実際に使うことが出来なかったそうだ。現代の公共工事でも、よく似た話が無かったかな?