[INDEX]

建物名 神戸大学兼松記念館
(旧神戸商業大学兼松記念館)
建築年 昭和9(1934)年
設 計 文部省
施 工 大林組
所在地 神戸市灘区六甲台町2-1
構 造 鉄筋コンクリート造3階建
備 考 国登録有形文化財
撮 影 2005年5月21日
本館と同じく最上階の連続アーチ窓と、どっしりとした車寄せが特徴の建物。この兼松というのは、現在の総合商社兼松のことである。創始者の兼松房次郎は明治22(1889)年に豪州貿易商店を開業、直接豪州から羊毛の輸入を始め、その後事業を拡大していった。そして、その兼松記念財団が企業の社会的責任として神戸商業大学時代に寄贈した建物だそうである。