[INDEX]

建物名 神戸市立海外移住と文化の交流センター
(旧国立海外移民収容所)
建築年 昭和3(1928)年
設 計 不 詳
施 工 不 詳
所在地 神戸市中央区山本通3-19-8
構 造 鉄筋コンクリート造5階建
撮 影 2010年12月8日
この建物はブラジルを中心に南米に移民する人々を出航までの間、収容するために建設された。移民の減少に伴い 昭和46(1971)年に閉鎖、その後市立看護学校校舎などとして使用されていた。近年老朽化による解体が懸念されたが、神戸市が移民の歴史 を後世に伝えるためにと改修・保存に踏み切り、内部にある「移民ミュージアム」は無料で見学できる。
重厚な玄関口
内部の展示室