[INDEX] [←] [→]

建物名 正司家住宅洋館
建築年 大正8(1919)年頃
設 計 古塚正治
施 工 不 詳
所在地 宝塚市雲雀丘2-5-22
構 造 木造2階一部地下一階建
備 考 国登録有形文化財
撮 影 2010年12月8日
阪急電鉄雲雀丘花屋敷駅の北側に広がる住宅地の一角にある和洋併存住宅の洋館。ベル形ドーム屋根や袴腰形屋根、 軒下のタイル市松模様など大正期特有の秀作との事。設計者の古塚正治氏は宝塚ホテル・多聞ビルディングなどを手がけた人物だそうです。
赤瓦の屋根と紅白の庇が印象的
南側は建物の一部しか見えません