甦る!EXPO’70パビリオン

1970年の万国博覧会当時の出展施設であった「鉄鋼館」が記念館「「EXPO’70パビリオン」として甦りました。未公開を含む約3000点もの資料や写真・映像が一堂に公開されています。
1階は広々とした空間で、パビリオン」の模型や鉄の楽器、エキスポタワー展望室の一部などが常設展示されています(1階部分は無料) 1階の一角に置かれている池田フォーン
万博開催当時、この鉄鋼館にはフランスの彫刻家フランソワ・パシェ氏が製作した「鉄の楽器彫刻」が17点展示されていたそうで、これはそのうちの一つです。
 

2階は有料ゾーンで、@から巡ります
階段を上ったところの小空間には、シンボルゾーンを覆う大屋根の模型などが置かれています
 
そして、いよいよ展示室に入ります
 
最初の展示物、「会場計画基礎資料図集」
 
入場券は大人800円・回数券(5回)3800円
 
当時の入場チケット
 
開幕セレモニーの映像
 
床には当時のパビリオンの配置図
 
壁には園内の施設などの写真が解説文と共に貼られています
 
各パビリオンのパンフレットコーナー
 
各パビリオンの紹介コーナー
  
スペースシアターホール

これは、鉄鋼館のメインとなるホールで、スペースシアターは構造・音響・照明など当時の最先端技術が駆使されており、ホールそのものが、芸術作品といえるほどのもので、万国博終了後は閉鎖、未公開となっていましたが、40年の時を経て公開されました。
しかし館内は真っ黒なうえ、三脚とフラッシュが禁止されていますので、時たま照明が部分的に当たる時を待って撮りましたが、広い円形舞台?を取り囲むように観覧席が設けられています。
   
そのホールの隅っこに太陽の塔に関する展示がありました。当時、太陽の塔の内部を見るには、お祭り広場の観客席下の地下室から地下展示を見ながら進み、太陽の塔内に立つ「生命の樹」に仕掛けられた過去から現在に至る、生物の進化を眺めながら塔内のエスカレータで上り、最後は翼に設けられたエスカレータで大屋根上に出て、空中展示を見た後にエスカレーターで地上に下りたそうである。
太陽の塔の内部にある「生命の樹」のレプリカが展示されていましたが、隅っこの暗いところに置かれているため、気がつかずに出られた方が多いと思いますし、写真も実に撮りにくい位置にあります。
模型・太陽の塔とエスカレータ
岡本太郎氏作・手の椅子

当時テーマ館の地下に置かれていたそうです。
氏にとって手は、目や顔と並んで特に好んだモチーフのひとつ。手は世界を感知する重要な武器であり、世界と自分をつなぐ窓であると考えられていたそうです。
エキスポフラワー(案内嬢)のユニフォーム
警備員のユニフォーム
 
電気自転車 会場内の緊急取材や連絡に備え、日本万国博覧会協会は電気自動車10台、普通自転車20台の計30台を報道関係者に貸し出した。これは三洋電機が開発したものを市販に先立って提供したものだそうです。 電気自動車 会場内の交通機関の一つとして活躍した電気自動車。来場者用のタクシーのほか、放送用の機材を運搬するプレスカーや、施設管理用のパトロールカーとしても使われた。
 
   
オーストラリア館の模型
 
松下館・住友童話館・自動車館の模型
 
ガス・パビリオンの模型
こんなものも・・・
 
パビリオン観覧記念メダル
 
ちょっと変わったパビリオン記念メダル
 
ここに描かれている物は、EXPO’70が開催された時に出品・利用・販売され、まだ市販されていない物や珍しかった物だそうです。モーターで動く電気自動車を国内で初導入したのが万国博。電気通信館で展示されたワイヤレスフォンは、今やほとんどの人が持つ携帯無線電話に。ブルガリア館のヨーグルトが日本産のヨーグルト生産の契機となった。アメリカ館・富士グループ館のエアドーム構造は、後の空気膜構造のドーム建築の先鞭を切った。ウルトラソニック・バスという人間洗濯機は、介護施設などで利用されている。などなど、現在の暮らしに生きています。
 
最後はフィナーレの様子が映像で紹介され、現在も世界中で移築再使用されているパビリオン、万博記念公園内に残る当時の作品などの紹介があって終了です。
訪問日 2010年3月16日
EXPO’70パビリオン(常設)
料金 高校生以上200円 中学生以下100円
(入園料とは別に必要です)
場所 万博記念公園:自然文化園・旧鉄鋼館
(サクラ並木がある東大路の東端です)
時間 10時〜17時 (入館は4時半まで)
休館日 水曜日(水曜が祝日の場合は翌木曜日)
問い合わせ 万博記念機構
TEL:06-6877-3497

メニューに戻る