JR京都線・島本駅

JR京都線の高槻駅−山崎駅間に平成20(2008)年3月に新設された駅。

駅の西側は田畑が広がっていますが、5月の連休前には一部がレンゲ畑になります。
駅の東側には「島本町立歴史文化資料館」と「国指定史跡・桜井駅跡」がありますし、スタンプでも紹介されている「水無瀬神宮」も徒歩圏内です。
改札を出て西口の階段を下りるとレンゲ畑が見えます。「島本レンゲの里」と呼ばれるこの畑は、地元の人達が2fほどの敷地に種をまいて育てたもので、2009年は4月18日〜5月6日まで開園。
東口を下りたところには、島本町立歴史文化資料館(旧麗天館)が建つ。
昭和初期、大阪の重鎮であった一瀬粂吉氏が桜井駅跡地を訪れた際に楠公父子の忠孝に感激し、有志と共同で駅跡整備事業と共に記念館として建設したのが、この建物である。戦後は大阪府立青年の家の講堂として利用されていたが、平成16年から島本町の歴史文化資料館となった。
資料館の向いには、国指定史跡・桜井駅跡(楠木正成伝承地)がある。

駅とは大化の改新以後、幹線道路に中央と地方の情報を伝達するために馬を配置した役所のことで、約16kmごとに設けられていた。京から西国に向かう道筋に設置された駅の一つが、桜井駅である。

その一角に「楠公父子訣別之所碑(なんこうふしけつべつのところひ)や
←楠公父子小別れの石像(なんこうふしこわかれのせきぞう)がある。


この石像は、太平記巻十六「正成兵庫に下向の事」に、「足利尊氏との戦いに、死を覚悟していた尊氏は、桜井の駅に長子・正行を呼び寄せ、今後の生き方の教訓を与えた後、生き別れの宴を催し、その宴も終わり、正行は泣き泣き河内の国に帰った」との記述があり、その様子を表しているそうである。
駅から北東方向に約20分ほど歩いたところに、スタンプでも紹介されている「水無瀬神宮」がある。

ここには、後鳥羽天皇・土御門天皇(後鳥羽天皇第一皇子)、順徳天皇(後鳥羽天皇第三皇子)が祭られています。名水でも有名だそうで、水汲みの順番を待つ人の長い列が出来ていました。

メニューへ戻る