大阪吹田の三色彩道を行く

2011年12月2日

大阪府吹田市の阪急電鉄・北千里駅の北端から北北東(大阪大学吹田キャンパス方向)に伸びる道路は「三色彩道(さんしきさいどう)」と呼ばれ、道路沿いの並木が、この時期きれいに色付いているとの情報を得て出掛けました。

並木の状況は、3列に並ぶ三種類の樹木が、さまざまな色に紅葉して約400mにわたり列をなしています。特に南側の歩道は、両側に列植された木々が紅葉のトンネルを形成していて、実にすばらしい景観です。

樹種は、左上の地図で色分けしましたが、緑がトウカエデ、黄がアメリカフウ、赤がタイワンフウを表していますが、その色が紅葉色を表している訳ではありません。これらは同じ樹種でも、それぞれ異なった色に紅葉し、錦のような美しさを見せています。

実際に三種の葉を並べてみましたが、トウカエデが一番小さくて日本モミジと同程度の大きさで、後の二種は大きいもので大人の手のひら位のものもあります。
撮影日 2011年12月2日

三色彩道
所在地 大阪府吹田市藤白台3・4丁目
入場 自由
時間 自由


メニューに戻る