城跡探訪・筒井古城

2015年10月26日

伊賀上野城を訪れた際、入口の案内図に「筒井古城跡」の文字を見つけ、そちらにも足を運びました。
 筒井古城は伊賀盆地北中央部の上野台地の北端・標高184mの丘陵に築かれた平山城で、北に服部川と柘植川が、南に久米川、西には木津川の本流が流れ、城と城下町を大きく取り囲む要害の地にある。
 南山城(京都府)や大和(奈良県)から東海道に通ずる交通の要衝にあり、西国への押さえの城としても重要視されたと思われる。

 天正13年(1584)、大和郡山城主・筒井定次が伊賀守に任ぜられて伊賀の国に移封となった。
 定次は伊賀に移ると、さっそく城を築くことにした。城は高丘の頂上を本丸とし、三層の天守を建て、本丸の西に二の丸、北の山下に三の丸を配し、大手を三の丸の北谷口とした。

 関ヶ原の役で勝利をおさめた家康は、豊臣恩願の大名を味方につける一方、大坂城の豊臣秀頼を包囲する大名配置を必要とした。伊賀は近江彦根と共に重要な軍略上の地点であったため、家康の信任厚い藤堂和泉守高虎が伊予国今治から伊賀・伊勢の地に移封させた。

 こうして伊賀に移った高虎は同慶長16年(1611)正月、上野城大改修に着手、大坂方に備えるため西面にはとくに力をそそぎ、南を大手とし、本丸を西に拡大して広大な高石垣をめぐらした。

 筒井時代の本丸と建物はそのまま藤堂氏に引き継がれ、増築のうえ上野城代家老の執政の場として城代役所・城代屋敷とよばれた。

「日本城郭大系第10巻」より抜粋
筒井城跡の石垣
藤堂上野城本丸から筒井城二の丸に通じる石段の途中に、左右一対の大きな四角い石がありました。どうやら門柱の基礎石かと思われますが、ここに○○門があった・・・というような解説板などは存在しません。

そういえば上野城小天守に筒井城に関する解説板があったこをと思い出し、行ってみました。
←小天守内部の解説板↓
記されていたのは「筒井の天守の謎に迫る」というもので筒井城天守閣が、いつ無くなったかのかを検証するものでした。
筒井の天守の謎に迫る

 筒井の天守については、藤堂家の記録には、筒井の天守についての記事がなく、筒井時代の御殿は、そのまま藤堂時代は城代役所して使用していたようである。
 「宗国史」(日記のような史料)の寛永10年(1633)8月10日(旧暦)の項に「伊藩言、十日夜、大風雨、天守壊」とある。「公室年譜略」にも「寛永十年八月十日、伊勢大風雨タリ伊州城の天守ノ石垣破損ス」と記されており、おそらくこの時に筒井城が倒壊したと思われる・・・・と記されています。

 そして、この解説板の右下に「現況 筒井天守の碑」との写真が出ていて、城跡碑が現在もあるようですので探しに向かいます。
筒井古城跡から望む藤堂時代の本丸
筒井古城の二の丸です。奥の右側にある針葉樹の手前に何か石碑のようなものがある。
なんだ、簡単に見つかったわい・・・と思いながら石碑に近づくと・・・・・「城代役所跡」と彫られています。
この場所が筒井古城跡であるのは間違いないのですが、残念ながらどこを探しても「城跡碑」は見つかりません。

残る所は・・・・・・
東側に低い石垣があり、その上は竹藪となっています。ひょっとすると、この竹藪の中?この時期蜘蛛の巣だらけでいやだな・・・・・と思いながら南方に歩を進めると・・・・
石垣が途切れた所に竹藪内に入っていける階段がありました。時々人が通っているようで、蜘蛛の巣などは見当たりませんので、ここを上っていくと・・・・

少し上った所の右側に「筒井天守跡」と記された、けっこう大きな城跡碑を無事見つけることができました。
筒井古城跡(上野公園)
所在地 三重県伊賀市上野丸之内106
TEL 0595-21-3148
(伊賀文化産業協会)
大天守
登閣料
大人500円 小人200円 (上野公園内の散策は自由・小天守は無料ですが、開館時間・休館日は大天守に準ずると思います)
開館時間 09:00〜17:00(入館は16:45迄)
休館日 12月29日〜31日
交通 伊賀鉄道・上野駅から徒歩約5分
名阪国道「上野東IC」から北へ
車で約5分
駐車場 有 自動車/1回500円
   自動二輪車/1回200円
メニューに戻る