一等三角点のある日本一低い山に登る

先日、花しょうぶで堺市の大浜公園を訪れた際、園内をうろついていて、「一等三角点のある日本一低い山 蘇鉄山(そてつやま) 登り口」と記された案内板に出会いました。

蘇鉄山は、低山であることは知っていましたが、どこにあるのか等、あまり気に掛けずにいましたが、それが目の前に現れたので、さっそく登山を開始しました。
登山といっても、この坂道を上り切った所が頂上です。
 
頂上部は蘇鉄山と云うだけあっって、所々に蘇鉄が顔を出しています。
 
頂上の隅っこに解説板らしきものが設けられています
 
 蘇鉄山は大阪湾に面し、幕末には黒船来航に備えてお台場(砲台)が築かれた場所を明治12年(1879)に大浜公園として開放され、展望のよい築山として整備されたところです。
 この付近は明治・大正・昭和初期には関西有数の海兵リゾート地として海水浴・潮湯・少女歌劇・水族館や料理旅館街などで賑わいました。
 この蘇鉄山の約300m東南にあった御蔭山(おかげやま)の頂に近代地図作成のための基準点となる一等三角点が明治18年(1885)に設定されました。その後、御蔭山が削られ、昭和14年(1939)にこの蘇鉄山の標高6.97mの所に移設されたものです。現在、一等三角点の設置されている山としては日本一低い位置になります。かってここから大阪城天守閣・生駒山・葛城山・六甲山などが展望できました。
  
三角点ウォッチングと「超低山」 一等三角点のある日本一高い山は南アルプスの赤石岳(3120m)だそうですが、地図を作るために重要な基準点となる三角点は展望に優れた山だけにあるとは限りません。一等三角点が公園内・古墳・屋根筋・学校内・マンホール内などいろいろなところにあるというのは興味深いことです。
 超低山の健康ウォーキングを楽しまれる形には、大阪市に天保山(5m日本最低標高) 茶臼山(26m)・聖天山(14m)・お勝山(14m)などがあります。
 
この案内を見て
 
帰りに「登山認定証」を頂きました
 
蘇鉄山(大浜公園内)
所在地 大阪府堺市堺区大浜北町4丁-3
入園料 無料 (年中無休・時間自由)
交通 南海本線・堺駅より西へ800m
(約12分)
駐車場 公園北側に有り 普通車265台
2時間200円
メニューに戻る