白崎海洋公園と野生水仙 

JR紀勢本線・紀伊由良駅に降り立った。

ここからは、路線バスにて由良町の最西端にある白崎海洋公園に向かいますが、バスは途中迄しか行かず、終点の白崎西バス停で下車し、あとは約1.5qの道のりを歩くことになります。
(白崎西バス亭は下図の「大引」と記された文字の左側道路辺りと思います)
万葉歌碑

途中の「万葉公園」に建てられている歌碑は、万葉の昔、大宝元年(701年)持統天皇の一行が白浜への行幸の途中に詠んだものであり
「白崎は辛くありまて大船に 真舵しじぬきまた帰り見む」と記されています。

白崎よ無事で待っていておくれ、大船に舵を揃えてまた帰ってくるから・・・・・・という意味だそうです。
万葉公園付近の立厳岩(たてごいわ) その先に白崎海洋公園が見えている
白崎海洋公園
公園の入口に立ったが、ここは風の通り道のようで、強烈な風が吹き抜けていきます。台風なみの強風で立っているのが「やっと」という状態で、身の危険を感じたため、ここへの立入は後回しにして、地図に出ていた「水仙」を先に探してみることにします。
「白崎青少年の家」の方向に車道を上がっていくと、水仙群が見えてきます。
「白い岬に花咲く白崎」と記されているものと思います。
ここには「日本水仙」のほかに・・・・ こんな「八重咲水仙」も咲いています
「白崎青少年の家」から急な階段を上がっていくと傾斜地に咲く水仙が沢山見てとれますが、ここは、かなりの急斜面で立入は不可能です。

この横の階段を上ると広場に出ます。まっすぐ進んでいくと展望台がありますが、展望台に通じる道を反対方向に少し進むと「番所山・野生水仙群生地」に行き着きます。
ここで咲く水仙は全て「八重咲水仙」です。
水仙群生地のすぐ傍に、なにやら案内板が立っています。

史跡・白崎遠見番所跡
 この番所は、江戸時代初期に海防組織の一つとして設けられ、幕末まで異国船・不審船などの通貨や停泊の監視にあたり、その情報を和歌山城などへ注進していた遠見番所跡です。
 正式には白崎御番所と呼ばれ、重要な役割をはたして来ましたが、明治三年(1870)に廃止されました。
水仙は、まだ少し早かったようですので早々に山を下りました。

白崎海洋公園に戻り入口に立ちましたが、強風はかなり治まっていましたので、園内を散策します。
全体が白い岩石で囲まれた白崎海岸公園は、およそ2億5000万年前の地層である巨大な石灰岩に囲まれた公園です。園内にはオートキャンプ場・スキューバーダイビング・展望台・レストランなどの施設が備えられています。そして、周りの石灰岩地層から発見された化石や珍しい貝などの展示場もある。また、春から夏にかけては、うみねこの大群が飛来して大繁殖場と化するそうです。
ログハウスもある 石灰岩の小山
久しぶりに「パノラマ写真」を撮ってみました(左側は展望台への螺旋階段)
展望台 遠くに見えるは淡路島?
ツララが多数ぶら下がる氷山のようにも見える
入口の近くには「道の駅」と記された建物が建ち、一階はオーシャンマーケット(レストラン&売店)で、二階がシェルズギャラリー(化石・貝の展示場)となっています。

お腹が空いたので、ここでランチを食しましたが、大きなエビフライとミンチカツにライスと吸物が付いて840円で、けっこう美味しかったですし、帰りのタクシーの手配もしていただき、有り難かったです。
白崎海洋公園 (訪問日:2015年12月19日)
所在地 和歌山県日高郡由良町大引960-1
TEL 0738-65-0125
交通 JR紀勢本線・紀伊由良駅下車
中紀バス 白崎西行で終点下車(バス代450円) 徒歩約22分
小型タクシーで約1800円位
駐車場 有 188台 無料
メニューに戻る