摂津峡公園の紅葉 
 
2017年11月24日

JR高槻駅より高槻市営バスにて「塚脇」停より摂津峡公園に向かいます。

摂津峡公園は、芥川(あくたがわ)が原盆地から塚脇へ流れる途中、三好山と中堂山の間に形成された摂津峡の、右岸に広がる37.2㏊の風致公園である。上ノ口から下の口までの渓谷約4㎞には、大小の奇岩や嶮しい断崖が連続し、大分県の耶馬渓(やばけい)にちなんで摂津耶馬渓とも呼ばれ、昭和13年5月には、大阪府の「名勝」に指定されている。
前方の山肌が赤や黄色に染まり綺麗です。
摂津峡公園の入口に到着 紅葉の坂道を上っていきます。
点在する紅葉を眺めながら進むと ハイキング道の分岐点に差しかかります
目指すは「もみじ谷」を通る「B」コースです
「もみじ谷」の入口です 少し進んだ所での「振り返り」も綺麗です
「もみじ谷」の紅葉
枝垂れる紅葉
かなりの落葉が見られるので、少し訪れるのが遅かったかな?
この後、上りが続くハイキングコースを辿りますが、紅葉は全くありません。
次に紅葉に出合ったのは「第2キャンプ場」付近です。
摂津峡公園一帯は、植物約420種や昆虫数百種、野鳥13種が生息するなど、豊かな自然の宝庫である。春には約3000本の桜が咲き誇り、夏には河鹿の鳴き声や清流に響く子供達の歓声、秋は紅葉など四季の景観にも優れている。また桜の広場やキャンプ場、摂津峡少年の家などもあり、自然とのふれあいを求めて近郊からも多くの人々が訪れる。
現地解説板より抜粋
←白滝
「白滝」上方の落紅葉 ↑
白滝から下るとAコースと合流する。ここからは渓谷コースで戻ります。
水面に紅葉が映る 滝と紅葉
「山水館」辺りになると急に紅葉が目立つようになる。
やがて、もと来た道に辿り着きます。
摂津峡公園
所在地 大阪府高槻市塚脇5-3-14
TEL 072-687-9449
入園 自由
交通 JR京都線「高槻駅」から「塚脇行」の市営バス
「塚脇」下車 徒歩20分
メニューに戻る