京都:宝ヶ池のオシドリ 

 以前、どこか(場所は忘れました)で知り合った人に「京都の宝ヶ池に行けば、オシドリがすぐ近くで見られるよ!」との話を聞き、今まで3回出かけてみましたが、オシドリには出会ず、毎回、池を一周しただけで引き上げていました。
 その話を聞いた時に、オシドリが見られる場所とか時間などを、きちんと聞いておくべきだったのですが、その頃は、野鳥にはあまり興味がなく、池へ行けば何時でも見られるものだと思っていました。
2017年12月15日

その宝ヶ池にやってきました。

どの辺りに「オシドリ」いるのか分からないため、とにかく池の周囲(1500m)を池面を見ながら歩きます。
普通のカモはいますが、オシドリはなかなか見つかりません。
カモ達が泳ぐ水紋がきれいです。
対岸のボート乗場 この「アオサギ」はいつも同じ所にいる
これは・・・オシドリではない! 遠目には、よく分からなかったが・・・・・・
望遠で見ると、まさしく「オシドリ」である オスの二羽が常に仲良く行動を共にしている
オシドリの居場所は宝ヶ池の北西端で、水中から出た樹木の根元を「ねぐら」にしているようです。
オシドリの飛来は、以前は20羽位だったが年々少なくなってきて、今年は飛来時には4羽だったが現在は、この2羽だけとなっているそうです。(近所の人の話)
やっと「オシドリ」に出合うことができました。
夕焼けの宝ヶ池を後にします。
 
宝ヶ池
所在地 京都市左京区上高野流田町8他
交通 京都市営地下鉄烏丸線・国際会館駅下車・徒歩約約10分
メニューに戻る