城跡探訪・小諸城

 浅間山の西南麓が千曲川に迫るあたりに小諸城および同城下町が形成されている。城は三の丸・二の丸・北の丸・南の丸・本丸と、ほぼ東北から南西に続き、これを囲うように、いくつかの郭がある。郭はそれぞれ独立した高台になっており、これらを区切るのがこの地方特有の田切り地形である。北側一帯にある城下町が、本丸など城の中心部より高い位置にあるという珍しい姿をしているので穴城と呼ばれていた。
 慶長年間(1596〜1615)、仙石氏の手で近世城郭として完成した小諸城の建築史は、およそ三期に分けることができる。長享元年(1487)に大井伊賀守光忠の築いた鍋蓋城が第一期であり、光忠の子光為は鍋蓋城の支城として乙女城(白鶴城)を、のちの二の丸に築き、周辺には手白塚城・予良城・七五三掛(しめかけ)城・富士見城などを配置した。
 天文二十三年(1554)、武田信玄は自落した小諸城を鍋蓋城や、その支城を取り入れて戦国時代の大要塞に拡大した。この時の縄張りをしたのが山本勘助であるとの説が残っている。
 その後、たびたび城主が代わったが小諸城そのものが大きく改築される状況にはなかった。
 天正十八年(1590)、小田原城攻めの軍功により仙石秀久が小諸五万石を与えられて入封した。秀久は慶長十九年(1614)に死去するまで、城の大改築を行い、本丸・二の丸・三の丸・南北両丸や鍋郭などに堅固な石垣・城壁を築造し、各種の建造物を加え、要所に黒門・中仕切門・二の門・三の門・大手門を設ける一方、城下町の整備も着々と行った。(以上の地図・文章は「日本城郭大系・第八巻」長野編より抜粋)
大手門(重要文化財)

小諸城の正門(四の門)。慶長十七年(1612)、藩主仙石秀久が小諸城を築いた時代の建築。二層入母屋造の楼門で石垣が門と一体化していない事や、一階が敵の侵入を防ぐ強固な造りに対し、二階は居館形式をとっている事など多くの特徴があります。この門を建てる際に、瓦は三河から運んだとされ、当時はまだ瓦葺の屋根が珍しかったため、、「瓦門」と呼ばれました。(平成20年に江戸時代の姿に復元された) (現地解説板より)
三の門(重要文化財)→

この門も大手門と同様に一連の造営の中で仙石氏により創建されたものです。
しかし寛保二年(1742)小諸城下を襲った大洪水により三の門は流失し、約二十年後の明和年代に再建されて現在に至っています。 (現地解説板より)

現在この門は、懐古園の入場門として利用されています。
懐古園の入口から立派な石垣に沿って進んでいくと「二の門」跡に出ます。
この石段を上った所が「二の丸」です 二の丸(旧白鶴城跡)
中仕切門跡 南丸跡
荒神井戸(城内唯一の井戸) 苔むした石垣に紅葉が映える
天守台
武器庫 藤村碑(島崎藤村自筆設計の碑)
眼下に「千曲川」が望める
黒門跡 本丸
本丸内に「城址碑」がある
小諸城址(懐古園)
所在地 長野県小諸市丁311懐古園
TEL 0267-22-0296
開園日時 3月中旬〜11月末まで無休
08:30〜17:00
休園日 12月〜3月中旬までのの水曜日
年末年始(12/29〜1/3)
交通 しなの鉄道・小諸駅より約300m
入園料 500円 小中生200円
(他4施設との共通券)
注・大手門は懐古園とは線路を挟んだ反対側の大手門公園内にあります
メニューに戻る