兼六園&ひがし茶屋街
 
 
2017年10月16日 金沢の兼六園にやってきました
桂坂口より入園します
ことじ灯籠:兼六園のシンボルで片足だけを池の中に入れた二本足の灯籠
 兼六園は江戸時代の代表的な林泉回遊式大名庭園の特徴をそのまま今に残している。
 もともと兼六園は金沢城の外郭として城に属した庭であった。
 庭としての歴史は、城に面した傾斜地が古い。加賀藩5代藩主・前田綱紀(つなのり)が1676(延宝四)年、この地にあった作業所を城内に移し、蓮池御亭(れんちおちん)を建て、その周辺を作庭した。これが兼六園の始まりで、当時、蓮池庭(れんちてい)などと呼ばれていた。
 一方、東南の平坦地である千歳台一帯は、7人の家臣の屋敷があったり、藩校が建てられるなどの変〇があったが、1822(文政五)年には12代藩主・斉広(なりなが)の豪壮な隠居所「竹沢御殿」が完成している。その庭には辰巳用水を取り入れて曲水をつくり、各種の石橋を架けた。竹沢御殿の完成した年に、中国宋時代の詩人・李格非(りかくひ)の書いた「洛陽名園記」の文中から採った六勝を兼備するという意味で「兼六園」が命名された。
 竹沢御殿完成後、わずか2年で斉広は没し、同御殿を取り壊した13代藩主・斉泰(なりやす)は、霞ヶ池を掘り広げ、曲水の新たな取入れも行い、以前からあった蓮池庭と調和するように作庭した。
 こうして、今に見る雄大な回遊式庭園の基本的な構図はできあがった。
地図&解説文は兼六園のパンフレットより抜粋
霞ヶ池(かすみがいけ) 蓬莱島
噴水(日本で最初にできたと言われる噴水) 時雨亭(しぐれてい)
瓢池(ひさごいけ)の翠滝(みどりたき)左端
獅子巌(ししいわ):獅子の形に見える自然石 龍石(りゅうせき):形が龍に似た石
唐崎松(からさきまつ):13代藩主が近江・琵琶湖湖畔の唐崎から種子を取り寄せ育てた黒松
秋明菊(しゅうめいぎく) 紅葉も始まっています
根上がりの松(ねあがりのまつ) 根元の拡大:40本以上の根が土から盛り上がっている
雁行橋(がんこうばし)
 
 
並べられた11枚の石が雁(かり)の列が飛んでいく様に見えることから名付けられrました。別名「かりがね」橋・亀甲橋(きっこうばし)とも呼ばれています。
現在は石の保護のため通行が禁止されていますが、昔はこの橋を渡ると長生きすると言われていたそうです。
七福神山(しちふくじんやま):福寿山とも呼ばれる築山に七福神をなぞらえた天然石が置かれている
兼六園
所在地 石川県金沢市兼六町1番
TEL 076-234-3800 (管理事務所)
入園料 大人(18歳以上)310円 小人 100円
65歳以上は公的機関発行の年齢証明提示で無料)
開園時間 3月1日〜10月15日=07:00〜18:00
10月16日〜2月末日=08:00〜17:00
(年中無休)
交通 金沢駅からバス
 出羽町 下車--(兼六園:小立野口) 
 兼六園下 下車--(兼六園:桂坂口)
 広坂 下車--(真弓口)
駐車場 兼六駐車場 普通車482台
普通車 最初の1時間350円 超過30分毎150円増
 
ひがし茶屋街
  
観光案内を見て、こんな所にも行ってみました。
重要伝統的建造物保存地区
1820年に町割を改め、お茶屋を集めたのが始まりだそうです。
木虫籠(キムスコ)と呼ばれる美しい出格子がある古いまちなみが残り、昔の面影をとどめている。
外国の団体客などが、ぞくぞくと訪れていましたので、無人の写真は撮れませんでした。
ひがし茶屋街
所在地 石川県金沢市東山1丁目
TEL 問合せ:金沢市観光交流課 076-220-2194
交通 金沢駅から北鉄バスで橋場町(交番前)下車
駐車場 東山観光駐車場
トイレ 公衆トイレ:一ヵ所あり
メニューに戻る