京都:亀岡・曽我部町の彼岸花

京都府亀岡市の穴太寺周辺で、彼岸花が見頃との報で、訪れてみました。

JR亀岡駅からはレンタサイクルで穴太寺を目指します。観光案内所で頂いた地図を頼りに「京都縦貫自動車道」の高架をくぐり抜けると、田圃のあちらこちらで咲く彼岸花が目に留まります。
ちょっと道を間違ったりしながら、何とか穴太寺前に到着しました。

この山門前から、一直線に延びる道路を南下し、しばらく進むと・・・・
民家が途切れて、灯籠が建つ田圃が現れる、この区域が彼岸花が多く見られる所です。
「ひがん花の里」という、旗が上がっていますが、これは野菜などを販売している店舗名です。
稲の収穫が終わった所と、まだ残る所が混在する。
まとまって咲く所もある
黄色い稲穂が赤を引き立てている
青い空・白い雲・黄色い稲穂・赤い彼岸花
UP
東側の山なみ
ちょっと傷んだ花も見受けられる
田圃に彼岸花が植わるのは(根に毒がありモグラの餌となるミミズが繁殖しない為)
赤と黄色のにらみあい
こんな干し方もあるのか・・・
もう少し早い時期に来れば良かった・・・・かな?
亀岡:曽我部町の彼岸花
所在地 京都府亀岡市曽我部町南条 など
交通 JR亀岡駅から京阪京都バス
「穴太寺前」下車 南へ徒歩数分
見頃 9月中旬〜下旬
駐車場 穴太寺駐車場利用可
メニューに戻る