京都・岩倉実相院の紅葉

2015年11月27日
京都市左京区岩倉の実相院にやってきました。

実相院
 
 もと天台宗寺門派の門跡寺院。寛喜元年(1229)、近衛基道の孫・静基(じょうき)権僧正を開基とし、紫野(現在の北区)に創建された。
 上段の間など各室には江戸時代中期に活躍した狩野永敬はじめ狩野派の襖絵を多数蔵する。
山門をくぐった所のモミジ 塀の向こうに庭園の紅葉が見て取れる
最初に現れるのが山水庭園です
庭池には日本では数少なくなった「モリアオガエル」が生息しているそうです
池に映る光景は油絵のようである
もう一つの庭園との間に、こんな所もある
散紅葉も見られます
もう一つの庭園は比叡の山々を借景とした石庭です
石庭の側面には素晴しい紅葉が・・・・・
青い空に白い雲が浮かんでいます
もう一つの見所は、滝の間の床板に紅葉が写りこむ「床もみじ」と呼ばれる黒光りする床です。

建物内部の撮影は禁止されていますので、当院の案内パンフレットの写真で紹介します。
拝観時の注意事項

カメラなどを使用の場合は縁側まで出て、外の景色や人物スナップを撮影のこと。
建物内部の撮影や内部からの撮影は禁止です。
三脚の持ち込みは出来ません。
動画撮影は一切禁止だそうです。
京都岩倉実相院
所在地 京都市左京区岩倉上蔵町121
TEL 075-781-5464
拝観料 大人:500円 小中学生:250円
拝観時間 09:00〜17:00
JR
近鉄
京都駅より地下鉄烏丸線「国際会館前」下車/京都バス(24)岩倉実相院行き終点
京阪 「出町柳」下車/叡山電鉄「岩倉」下車・徒歩20分又は京都バス利用
阪急 「河原町」下車 四条河原町東北側よりバス(21)(23)岩倉実相院行き終点(約45分)
メニューに戻る