城跡探訪・伊賀上野城

2015年10月26日

近鉄大阪線・伊賀神戸駅から伊賀鉄道に乗り換え上野市駅で下車、ここから徒歩で伊賀上野城に向かいます。

上野西小学校と上野高校とを区切る道路にたつのが白鳳門で、その奥が上野城跡です。
現在位置と記された所に、この地図がある。
入口から少し進んだところに「上野城跡」の石碑があります。

 天正13年(1585)伊賀の国主となった筒井定次が文禄のころ、三層の天守をもつ平山城をここに築いた。
 慶長13年(1608)、藤堂和泉守高虎が、伊賀・伊勢の地へ転封、大坂城の豊臣秀頼に対する拠点の城として、慶長16年正月、筒井氏の城を西に拡張、その時日本一高いといわれる高石垣を築いた。
 翌17年9月、当地を襲った台風により五層の天守閣は倒壊、大坂夏の陣で徳川方の勝利に終わったので天守閣の再建はされなかったが、上野城は伊賀国の城として存続、城代家老が置かれて明治まで存続した。
 現在の天守閣は昭和10年(1935)10月、地元の名士川崎克氏により復興、伊賀文化産業城と称した。
石碑前の通路を進むと、「注意」と記されたロープが張りめぐらされた奥に、大きな石が見えてきます。
この石の向こうが30mの高石垣の最上部ですので、気をつけて・・・・との注意書きです。

一寸、上から覗いてみましたが足がすくみます。
高石垣の下には立派な堀も残っています
小天守と大天守(復興)に登閣します
 藤堂高虎
 弘治2年(1556)、近江国犬上郡在士村に生まれる。15才で浅井氏に仕え、姉川の合戦で初陣を飾った。
 藤堂高虎は築城の第一人者として名高く、上野・津城のほか、江戸・大坂・篠山城など20城余りの築城を手がけている。高虎は戦乱に明け暮れた武将ながら領民への気配りや人の和を大切にした人物で、律儀な性格から徳川家康・秀忠・家光の三代に大きな信頼を得た。日光東照宮・南禅寺楼門などを建立。寛永7年(1630)江戸柳原藩邸で逝去。
大天守を入った所の藤堂高虎像
←「復興天守閣」建設時の模様

なんと!木造で再建されています。
3階天井には、横山大観をはじめとする名士の書画が、天井に張られている。↑
↑大天守三階窓からの展望
そして「小天守」に入って驚きました。なんと!内部に井戸が!?
 忍び井戸
 「大坂城の攻略が不首尾に終わったときは上野城に籠城する」という秘令を徳川家康からうけた藤堂高虎は当時城郭構築の随一とうたわれた西島八兵衛尉之友を奉行として城郭の縄張りをはじめた。
 八兵衛尉は三ヶ年間の籠城に耐えるためには最後の守備陣である天守に兵糧と水、塩とを無盡に確保することであると判断して小天守内に井戸を穿った。
 丘の上に構築した城郭での悩みは水脈の断絶である。浅井戸では水が湧かないので五十間の深井戸を掘り、井戸側から横へ三カ所の隧道を穿って抜け穴とした。
 抜け穴は城を中心に四方に通じ、その長さ一里におよび、兵糧の搬入、外部との連絡、援軍を城内に引き入れる路でもあった。落城した場合も、この通路を利用して忍びの者をはなち城内を攪乱して奪取することも考えて設計された。
 とくに秘密を保持するため抜け穴の出口と小天守に忍びの者を常駐させ、井戸の監視にあたらせ、藩士といえども井戸をのぞくことを許されなかった。(井戸の解説板より)
北側の石垣
西側の高石垣を見上げてみようと堀の傍まで行ってみましたが、大量の樹木が邪魔をして全体を見渡せるポイントがありません。誰かが同じような思いで下りたと思える雑草をかき分けた跡がありましたので、そこを危険だと思いながらも下りて写真を撮りましたが、高石垣を観光の目玉とするならば、どこか一ヶ所でいいから樹木を取っ払い、高石垣のすべてが見渡せるポイントを設けてほしいな・・・・と思いました。
西側の高石垣↑ (かなりの雑草が石垣を占領中)
櫓跡? 最南西端
←帰りは「堀の道」から「赤門通り」を通りましたが、通りの終端部で「西大手門跡」の石碑を見つけました。
伊賀上野城跡(上野公園)
所在地 三重県伊賀市上野丸之内106
TEL 0595-21-3148
(伊賀文化産業協会)
大天守
登閣料
大人500円 小人200円 (小天守・上野公園内の散策は無料)
開館時間 09:00〜17:00(入館は16:45迄)
休館日 12月29日〜31日
交通 伊賀鉄道・上野駅から徒歩約5分
名阪国道「上野東IC」から北へ
車で約5分
駐車場 有 自動車/1回500円
   自動二輪車/1回200円
メニューに戻る