春の大和路・桜めぐり
(又兵衛桜・氷室神社・郡山城跡)


2017年4月5日

クラブツーリズムの企画旅行「又兵衛桜・氷室神社・郡山城址跡 春の大和路・桜めぐり」というツアーに参加して、桜の状態を見てきましたので、この日の開花情報をお知らせします。
   
又兵衛桜(本郷の瀧桜)
まだ未開花でした。バックのモモの花はチラホラ開花が始まっていました。
大宇陀西部に位置する本郷地区には樹齢300年とも言われている見事な枝垂れ桜あります。高さ13m、幹周り3mを超える桜の巨木が大きな枝を広げ薄桃色の花をいっぱいに咲かせます。4月上旬〜中旬の開花に合わせて「桜まつり」が開催され、例年数万人の花見客で賑わいます。(大宇陀観光イラストマップより転載)
現地案内板
バックのモモの蕾
所在地
奈良県宇陀市大宇陀本郷

  

  
氷室神社
平城遷都にともない春日野に氷池や氷室をつくり、
稲作に重要な夏の天候を呪う祭紀を行ったのが始まりとされています。
桜は満開 ・人は満員
樹齢100年という枝垂桜は一寸弱ってきているようです。
  
他の枝垂桜はきれいです。
氷室神社
所在地 奈良市春日野町1−4
交通 近鉄:奈良駅より徒歩約10分
 
 
郡山城跡(大和郡山市)
土手の上には多くの屋台が並びます。
  
堀の土手の桜が満開近しの状態でした。
  
郡山城の天守台と石垣
郡山城の歴史 
郡山状の築城は天正八年(1580)、筒井順慶が筒井から郡山に移った時に始められた。天正十三年(1585)八月には、豊臣秀吉の弟、秀長が郡山に入城。秀長は紀伊、和泉、大和の三ヶ国百万石の大守・大納言として城の大拡張工事を行った。秀長の死後、増田長盛が二十万石で入城し秋篠川の付け替えや溜池をつないで周囲が約5.5kmの外堀を完成させています。徳川時代となって、水野・本多・松平など徳川譜代の城主の後、享保九年(1724)柳沢吉里が甲府より十五万石で入城し6代145年間続きました。明治6年には政府の奉仕委により城郭が全てにゅさつ売却されました。(郡山城跡案内絵図より抜粋)
郡山城址公園には、染井吉野、大島桜、かすみ桜、しだれ桜(いと桜・紅しだれ・八重紅しだれ)関山・普賢象、奈良八重桜など種類が豊富で、花の期間も長く楽しめるそうです。
「大手東隅櫓」の桜(ここは満開)。
 
郡山城跡
所在地 奈良県大和郡山市城内町
交通 近鉄郡山駅から徒歩5分
JR郡山駅から徒歩10分
入城 自由
駐車場 追手門横又は城跡内
メニューに戻る