城跡探訪・福地城



JR草津線・柘植駅から徒歩で南下し、名阪国道の少し手前の道路(25号線)を西に進みます。ガソリンスタンドで教わった「信号機」のあるところにやっと到着です。地図上で大した距離ではないと思っていましたが、かなり疲れました。
あとは案内i板に従って進みます。
前方左側に城跡と思われる鬱蒼とした樹木が茂る丘陵が見えてきます。
その後も案内版に導かれ、なんとか城跡前に到着しました。
福地城要図
 
日本城郭大系・第10巻&現地解説板によりますと、

福地城は名阪国道上柘植インターチェンジの近くにある。昭和39(1964)年、名阪国道の建設で一部破壊されたため一つの丘として残っている。城は四方の土塁が完全に残っており、堀・城内とも土を掻揚土塁とし、入口には俗に穴太(あのう)積とよばれる石垣があり、東に石蔵跡、西に井戸があり、今も水をたたえている。

城主は福地伊代守宗隆で、「満済准后日記」に日置、北村と共に柘植三方と呼ばれ、当地方の国人であった。

芭蕉翁の先祖は福地氏の一族であるので、この城跡を芭蕉公園と名付け句碑及び生誕碑を建て後世にとどめることにした。
城跡碑の後ろの石段を上ると 立派な石垣に出会います
先ほどの石垣は少し新しいような感じでしたが、その後に出会う石垣は年季が入っています
虎口
さすがに芭蕉公園です、城跡に大きな芭蕉の句碑が建てられています。

「古郷(ふるさと)や 臍(ほぞ)の緒(お)に泣く としの暮」 この句碑は明治二十六年芭蕉翁200回忌に当たり芭蕉翁誕生地記念事業として建てられたものだそうです。
当時の井戸が残る のぞいて見ましたが下は真っ暗でした
古井戸の傍にこんな立て札がたっていました
石蔵跡・ここから土塁に上れます。
土塁の上は散策路となっています 幅の広い土塁上には櫓などがあったのかも?
福地城跡(芭蕉公園)
所在地 三重県伊賀市柘植町
問合せ TEL 0595-45-9119
(伊賀市伊賀支所振興課)
入園 無料 時間自由
交通 JR柘植駅から上野産業会館行き
バス5分上柘植下車
名阪国道・伊賀インターから5分

訪問日 2015.8.24
メニューに戻る