明石公園菊花展2015 

2015年10月30日

明石城跡の明石公園で「菊花展覧会」が催されていることを知り、出かけてみました。

JR明石駅の北側から徒歩で、すぐに公園正門前に到着します。

この明石公園菊花展覧会は大正15年から続いており、今年で87回目を迎え、明石の秋を彩る代表的な行事となっているそうです。

園内には左図のように12の花壇がずらりと並んでいます。
干支意匠 三本仕立て花壇
一本の苗より3本の脇枝を立てた仕立てが三本仕立てと呼ばれています。
スプレー菊花壇
大小の懸崖菊や大菊など様々な品種や仕立てを組み合わせた特作花壇
ミニ特作花壇
学校花壇
意匠花壇は早くもクリスマス?トナカイの引くソリには「明石タコ」が乗っています。
↑こちらにも「明石タコ」がいます。 ペンギン達もいます。↑
菊の盆栽・ミニ盆栽なども並びます。
菊の盆栽は初めて見ました。
福助花壇 遅く植えたり「わいか剤」で背丈を低く作り鉢より大きな花を咲かす。
咲きあがった姿が福助人形に映ることから福助作りと呼ばれるようになったそうです。
大菊作りの三本仕立ての要領で「福助仕立て」と同様に背丈を低くしたダルマ作り
菊花展の主役ともいえる大懸崖鉢個別
小懸崖鉢個別


最近の住宅事情を考慮に入れ手軽に懸崖づくりwwっを楽しみながら、栽培技術を会得する目的で設定された部門とのこと。
明石城の巽櫓(たつみやぐら)を望む花壇は大菊の登場です。
大菊鉢組
大菊三本仕立て四鉢を縦一列に階段状に配置して構成されている。
明石城跡公園の堀で噴水に虹がかかっていました。
明石公園・菊花展覧会
開催場所 兵庫県明石市明石公園1-27
問い合わせ
TEL
明石市立花と緑の学習園
078-924-6111
開催期間 2015年10/24(土)〜11/15(日)
入園料 無料
交通 JR明石駅から数分
第二神明道路大蔵谷ICから10分
駐車場 あり 500台 有料
メニューに戻る