1dayバスチケットで巡る六甲山

ヴォーリズ六甲山荘を訪れた時、六甲山上循環バスの1dayチケット(どの駅でも乗り降り自由)が発売されていることを知り、そのバスで久し振りに山上の各施設を巡ってみることにしました。
1dayチケットは六甲ケーブルのキップ売り場にて400円で発売されています。

あとで知ったのだが、ケーブルの乗車券購入の際に1dayキップとのセット券を買えば1300円で済む。

(普通に買えば、ケーブル往復=1000円+1dayキップ=400円)
400円で上図のバス停での乗り降りが自由です。
 
「オルゴール ミュージアム前」で降りると「ホール・オブ・ホールズ 六甲」がある。ここは、アンティーク・オルゴールを中心に、自動演奏器を展示、演奏している博物館。オルゴール演奏をじっくりと鑑賞できるのはもちろん、自動演奏器のメカニズムや歴史が学べます。大人600円・小人(4才以上)300円

そして、この建物に向かって左側の小道は、両側に色々な花々が植えられた遊歩道となっており、ゆるやかな坂道を少し上ると、六甲高山植物園の西入口に辿り着きます。
六甲高山植物園

大人600円・小人(4才以上)300円

六甲山頂付近、海抜865mにあるこの植物園は、北海道南部に相当する恵まれた気侯を利用し、高山植物を中心に世界の寒冷地植物、六甲山自生植物など、約1500種類が栽培されています。

この日はニッコウキスゲが沢山咲いていました。
池の畔に咲くピンクの花はカライトソウ、勿論あじさいもあちらこちらで沢山咲いていました。

園内の一番高い所にある東口を出てバスを待つのだが、ここの駅はケーブル駅方面行きと六甲ガーデンテラス方面行きの両方のバスが来るので行き先を間違わないように。
六甲山カンツリーハウス

木と緑に囲まれた園内は自然を生かした楽しい遊具や広々とした大芝生、バーベキュー場などがあり、ファミリーはもちろん友人同士でアウトドアと、思い思いに自然をまるごと体験できます。四季の花を楽しんだり、のびのびワンちゃんと散歩したりと遊び方は盛りだくさんです。

大人600円・小人(4才以上)300円
六甲有馬ロープウエイ

ロープウェー山頂駅

ここから片道約12分で有馬温泉駅へ

料金
(片道)大人980円 小学生490円
(往復)大人1,770円 小学生890円
六甲山フィールドアスレチック

ロープウエイ駐車場から、北側の山道を下るとフィールドアスレチック場に到着する。
六甲山のフィールドを生かした、スリルと興奮の40ポイント。ロープを渡り、川を越え、風といっしょに駆け抜けて、 数々の難関をクリアするうちに大きな冒険の世界が広がります。

入場料 大人(中学生以上)=900円 小人(4才〜小学生)=500円
六甲ガーデンテラス

標高880mの異国情緒漂うお洒落な空間。
4つの飲食店と5つの個性的なショップで、眼下に広がる神戸の街を見ながら食事や買い物を楽しめます。
見晴らしの塔

階段をくるくると登り、11mの塔の一番上へ。
明石海峡大橋から関西国際空港まで、六甲山上でも一番ワイドな景色が広がります。
見晴らしのテラス

階段状のテラスでは、好きな場所に腰かけて、のんびり・ゆっくり、くつろごう。
見晴らしの丘

かっては、「回る展望台」があった場所。

子供達が小さかった頃に一緒に何度か訪れたが、じっと立っているだけで、360度の展望が出来た「回る展望台」がなつかしく思い出されます。
六甲フードテラス

夏は冷たい六甲おろしそば、冬はラーメンやおでん等のあったかメニューと、年中使える屋台気分のフードコート。ハイキングの途中で一寸休憩するのにもぴったりです。
その「六甲フードテラス」の南側は展望テラスとなっていて、眼下に神戸の街や六甲アイランドが望めます。
撮影 2007年7月25日
メニューに戻る